ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフスイング】左肩や腰などの身体が開く原因と直し方

      2016/04/03

 

開く

スイング中に左肩や腰などの身体が開くという方は、多いと思います。

身体が開くということは、アウトサイドイン(クラブが外から入ってきて、内側に抜ける)

になっていると思います。

 

アウトサイドインで振るということは、ほとんどの方がスライスボール(右に曲がるボール)

を打っているのではないかと思います。

 

では、どのようにすれば左肩・腰・など身体が開かないようにできるでしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ダウンスイングでのタメが身体の開く原因となっている場合

 

ダウンスイングの途中で、タメを作ってスイングしている人がいます。

タメを作るとは、ゴルフクラブが腰のあたりまで下りてきたときに、

右肘や右手首が緩めないようにする動きです。

こうすることで、その後にクラブヘッドが走るといわれています。

 

しかし、身体の開きの原因となっている場合があります。

 

なぜ身体が開くのかというと、

スイング中は、クラブだけでなく、身体も動いています。

タメをつくる動きによって、グリップ(手元)のスピードが急に減速します。

しかし、身体の動きは止まっていないのです。

結果、左肩・腰などの身体だけが開いてしまいます。

 

スポンサードリンク

スイング中に溜めを作らずにスイングすれば、身体は開かない

 

ダウンスイング中にグリップが減速することが、

身体が開いてしまうということは解って頂けたと思います。

 

では、どのようにすれば、左肩や腰等が開かずにスイングすることができるでしょうか?

それは、グリップが減速する原因となる、スイング中に溜めを作らないスイングをすればいいのです。

その方法につきましては、下記のページで説明しておりますので、ご覧頂ければと思います。

 

↑スイング中に溜めを作らないスイング方法はこちらでご確認ください。

 

スイング中にグリップを減速させるポイントがもう一カ所ある

 

それは、インパクトです。

インパクトでは、ヘッドを走らせるためにグリップが減速します。

先程のダウンスイング時のタメについては、タメを作らないスイングをすればよいのですが、

インパクトに関しては、減速させないと打てません。

 

では、どのようにすればよいかというと、

ここは単純に身体の開きを抑えるように意識するしかありません

これは、意識すれば可能です。

 

なぜなら、ダウンスイングで溜めを作らないスイングをすれば、

インパクトまで身体が開くことがありません。

ですから、インパクトで身体の開きをガマンする余裕があります

 

今回のレッスンは、左肩・腰などの身体が開く原因と直し方でしたが、

いかかでしたでしょうか。

 

ダウンスイングで溜めを作らなければ,身体の開きをガマンすることができます。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - 身体が開く