ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

コックを使わないゴルフスイングの具体的な打ち方

      2016/04/03

nocock

ここまで全4回にわたり、コックのデメリットについて説明してきました。

最後にこのページでは、具体的なノーコックでの打ち方を説明致します。

今までコックを使って打っていた方には、違和感があると思いますが、シンプルな打ち方ですので、

練習を続けていれば、感覚を掴めると思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

アドレス(コックを使わないゴルフスイング用)

 

アドレスで一番大事なのは、ハンドレイトで構えるということです。

ハンドレイトのアドレスの特徴は・・・

・グリップが右足太ももの前あたり

・体がグリップから離れる

右手の手首が真っすぐになる

・バックスイングのスイングアークが大きくなる

 

絶対にハンドファーストのアドレスはしないでください。

 

スポンサードリンク

バックスイング(コックを使わないゴルフスイング用)

 

バックスイングで一番大事なのは、

スイングの途中で、コックを使わずに上げるということです。

コックを使わないことで、緩やかな軌道で、スイングアークを大きくすることができます。

 

また、バックスイングの方向も、出来る限りターゲット後方に真っすぐあげてください。

この場合、右の脇は開いても構いません。

 

トップ(コックを使わないゴルフスイング用)

 

トップで大事なことは、ここでもコックを入れないということです。

コックが入らないようにガマンし、クラブヘッドを静止させることが大事です。

この時も右の手首は、アドレスと時と変わらず、真っすぐ伸びている状態です。

 

ダウンスイング(コックを使わないゴルフスイング用)

 

ダウンスイングの一番大事なことは、右手首を伸ばしたまま行なうということです。

トップでコックを作っていなければ、これはそれほど難しいことではありません。

一般的に言われる腰のあたりでタメを作るというような動き方がありますが、

このスイングではタメは存在しません。

 

インパクト(コックを使わないゴルフスイング用)

 

ここまでノーコックでスイングしていますので、フェース面が大きく動くようなことは、ないと思います。

インパクトでも、手首の角度を維持して、そのままボールを押し出すようにしてください。

フェースローテーションはしてはいけません。

 

↑コックを使ってはいけない理由については、こちらをご覧ください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - その他(スイング基礎)