ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ゴルフの基本アドレス(構え方)はハンドレイト。ハンドファーストはダメ

      2016/04/03

hand first

あなたのアドレスは、ハンドファーストで構えていませんか?

ハンドファーストのアドレスが一般的であるため、それが当たり前だと思っていると思います。

しかし、ハンドファーストのアドレス一辺倒だと、ゴルフが難しくなっていると思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ハンドレイトのアドレスとは?

 

ハンドレイトのアドレスとは、

・ボール位置は、体の中心

・グリップは、体の中心より右側で、体から少し離れ気味

・シャフトは、自分から見て真っすぐ

右手首が真っすぐに伸びている

 

スポンサードリンク

ハンドレイトのアドレスの特徴・メリットは?

 

・リーディングエッジは、地面から少し浮いていることから、ダフリにくい

・フェース面が上を向くことから、高く上がる柔らかい感じのボールを打つことができる

グリップが最初から体の右寄りにあることから、

・バックスイングを大きくしなくても、肩が入りやすい

・バックスイングのスイングアークが大きくなる

 

インパクトでハンドファーストになっても、アドレスはハンドファーストではない。

 

プロゴルファーの連続写真などを見ると、ハンドファーストでインパクトしているように見えます。

しかし、これはアドレスの時点から、ハンドファーストというわけではありません。

 

ハンドレイトの場合のインパクトはこのようになります。

ハンドレイトでボールにインパクト

         ↓

クラブヘッドは、ボールとの衝撃でスピードが落ちる

         ↓

グリップだけターゲット方向に動く(この時点でハンドファーストになる

ハンドレイトのインパクトは、ボールを押し潰すことができるのはこれが理由です。

 

ハンドファーストのアドレスは、低い球を打つ時だけ

 

ハンドファーストのアドレスは、低い球を打つときには有効です。

それは、通常のアドレスより、フェース面を起こし、ロフトを立てることができるからです。

このときに注意しなければならないのが、

フェース面が立つということは、リーディングエッジが地面を向いていることから、

ダフリに注意しなければいけません。

 

まとめ

 

・ハンドレイトは、『ダフリにくい』『高く柔らかいボール』『ボールが押し潰せる』などメリットが多い

・通常はハンドレイトで構える

・ハンドファーストは低い球を打つときだけ

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - アドレス