ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフスイング基本】アドレス姿勢は、背中(背筋)を伸ばすか?丸めるか?

      2016/04/03

 

背筋

あなたは、スイング中にせすじを伸ばしてますか?

それとも、丸めていますか?

これは、個人個人により度合いも違ってくると思います。

 

しかし、『背中を伸ばしすぎる』のと、『背筋の使いすぎ』の2点だけはよくありません。

その点について説明したいと思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 

背中は伸ばしすぎると、背筋や肩甲骨周りに力が入りすぎる

 

一般的なゴルフの専門書などを見ると、背筋をピンっ伸ばしてと書いてあります。

その理由として、スイング中の遠心力に耐えるためとしています。

確かに間違いではないのですが、これをそのまま鵜呑みにすると、間違った方向にいきます。

 

まず、せすじを伸ばしすぎると、

アドレス(構え)の時点で、背中や肩甲骨に力が入りすぎます。

力が入りすぎると、バックスイング(テークバック)をスムーズに行なうことができなくなります。

 

スポンサードリンク

背中を伸ばしすぎると、体が固くなるだけでなく、腕・脇も固くなる

 

これは、アドレス(構え)の時点で、せすじを伸ばすと背筋に力が入ります。

そうすると、腕にも力が入ります。

腕に力が入ると、脇も締まりすぎることから、スイングができない状態になります。

良いスイングをするためには、体を固めすぎてもいけないのは、わかると思います。

 

背筋に一度力をいれると、緩めることができない

 

ゴルフスイングの特性として、

一度、力を入れて固めた体をスイング中に緩めることは非常に難しいです。

 

スイングの途中に力を緩めるというのは、スイングが崩れそうで怖くてできないのです。

逆に、スイングの途中に力を入れるというのは簡単にできます。

 

せすじを伸ばしすぎると、このようなデメリットがあるので、絶対にしないでください。

 

背中を丸めて構えた場合は、背筋をスイング中に急に使ってはいけない

 

背中を丸めてアドレス(構え)した場合、背筋がリラックスしている状態です。

この状態であれば、バックスイング(テークバック)もスムーズに行なえます。

また、背筋に力が抜けているため、スイング中に背筋を使いやすい状態にあります。

 

しかし、これにもデメリットがあります。

それは、背筋を使いすぎてしまうということです。

スイングの途中で背筋を使ってクラブを引っ張ってこんでしまうことです。

 

トップのミスが多い人や、スライスが多い人は、背筋を使いすぎる傾向があります。

 

ヘッドスピードを上げたいがために、インパクトの直前に背筋に力がはいり、体が起き上がります。

結果、トップや空振りになります。

 

また、スライスが多い人は、背筋でクラブを自分の体のほうに引っ張り込んでしまい、

フォローでのヘッド軌道がインサイド方向になりすぎてしまいます。

 

大事なのは、アドレスで作った背中の形を変えずに、スイングしつづけることです。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - アドレス