ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ゴルフスイングを後方から動画撮影【切り返し以降の重要4点】

      2016/04/03

ゴルフスイング動画

ゴルフスイングを後方から動画撮影して確認することは?の4回目です。

今回確認するのは、切り返し・ダウンスイングです。

 

過去3回で、アドレス・バックスイング・トップと解説してきました。

ご覧になられていない方は、後ほど見て頂ければと思います。

 

切り返し・ダウンスイングにもポイントがありますので、確認してください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

トップからの切り返しの際の腰の動き

 

正しいトップからの切り返しの腰の動きは、腰があまり動いていないことです。

 

間違った腰の動きは、

切り返しを腰を使ってスタートすることです。

 

腰からスタートすると、スイング軸が動いてしまうことから、スイングが安定しません。

腰が動いた場合、スイング軸が左へズレたり、前へ突っ込んでしまったりします。

 

直し方としては、切り返しを腰から行なわないことです。

切り返しは、腕だけで行ないます。

腰を完全に止めてしまうということは不可能なので、動きを抑えてください。

 

スポンサードリンク

右足かかとの動き

 

正しい右足かかとの動きは、浮かずにしっかり地面についていることです。

 

間違った動きは、

ダウンスイングの早い段階から、かかとが上がっていくことと、

ダウンスイングの途中で、急にあがることです。

 

右足のかかとが浮いてしまう原因は、腰や肩などが回りすぎていることです。

腰や肩などが回りすぎると、右足かかとも引っ張られて動いてしまいます。

 

もう1つは、バックスイングで右足に体重が大きく移りすぎていることです。

バックスイングで右足に体重が大きく移ると、

ダウンスイングでは反対に左足に大きく移ろうとします。

 

 

直し方は、

切り返しを腕だけで行なうことと、

バックスイングで右足に体重をあまり移さないことです。

 

手が腰の位置まで下りてきた時のヘッドの高さ

 

正しいヘッドの高さは、手の位置より低くないといけません。

 

間違ったクラブヘッドの高さは、

手より高い位置にあることです。

手より高い位置にあるということは、振り遅れの状態です。

 

この原因は、スイング中にタメを意識しているからです。

 

ゴルフスイングにタメはいりません。

ゴルフスイングにタメを作るということは、ここから一気に手首や肘をリリースすることになります。

これは、小手先で打っていることになりますので、やってはいけません。

 

直し方は、

アドレスではハンドレイトにして、右手首を伸ばします。(左手首は曲がります)

あとは、アドレスで作った状態のまま、大きくバックスイングをすればいいのです。

 

↑正しいハンドレイトの方法はこちらで確認してください。

 

↑正しいバックスイングの方法はこちらで確認してください。

 

手が腰の位置まで下りてきた時のクラブヘッドの位置

 

正しいヘッドの位置は、自分から見て、右斜め前になります。

ヘッドの真下は、ターゲットの線上になります。

 

間違ったヘッドの位置は、体の真横にあることです。

これは、バックスイングでクラブヘッドをインサイドに引きすぎていることが原因です。

 

直し方は、

バックスイングの際に、クラブヘッドをターゲットの反対側に真っすぐあげることが必要です。

そのためには、バックスイングで体を回さずに、腕だけで上げてください。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - スイング全体