ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ゴルフスイングを後方から動画撮影【アドレス(構え方)の重要5点】

      2016/04/03

ゴルフスイング動画

便利な世の中になり、携帯・スマートフォンでの動画を撮影することが簡単になりました。

また、撮影した動画をスローモーションでみたり、連続写真にしてみたりすることも、

目の前ですぐに確認することも可能です。

 

あなたも撮影した動画で確認を行なっているとは思いますが、

どの点を確認していますでしょうか?

 

動画を後方から撮影した場合に確認することを、

アドレスに絞り、その直し方も合わせて説明したいと思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

・グリップの位置

正しいグリップの位置は、肩の真下より少し離れます。

グリップが肩の真下にある場合は、ちょっと近すぎます。

 

グリップが近すぎると、腕の動きが体の動きに引っ張られて、

クラブヘッドをインサイドに上げすぎます。

また、腕の動きに体が引っ張られて

バックスイングで体が浮いてしまうこともあります。

 

体とグリップの間に拳が2〜3個入るようになどいいますが、

コースではそのような基準が通用しませんので、気にしないでください。

 

スポンサードリンク

・前傾角度

 

前傾角度については、明らかに立ちすぎ・屈みすぎでなければ問題ありません。

しかし、明らかにいけないのが、立ちすぎたアドレスです。

 

立ちすぎたアドレスの原因としては、グリップの位置が体に近すぎることが考えられます。

その際は、少し体から離すことで、自然に前傾しますのでやってみてください。

 

この前傾角度に関しても、コースの状況により変わりますので、

角度を決めるなどをしないでください。

 

また、股関節から曲げるなどとも言いますが、

これもコースに出ると起伏があり、その都度変わってきますので気にしないでください。

 

・頭の角度

 

頭の角度で一番いけないのが、頭が上がりすぎていることです

 

頭が上がりすぎると、首の後ろや背中に力が入り、スイングが固くなります。

首はリラックスすることが必要です。

 

また、頭が下がりすぎると、あごが邪魔になり、バックスイングがやりにくくなりますので、

その点だけ気をつけて頂ければと思います。

 

・姿勢

 

一番いけないのが、背中がピンと伸びすぎていることです。

 

背中が伸びすぎているということは、背中に力が入っているということです。

背中に力が入ると、スイングが固くなりますので、絶対にやめましょう。

 

・スタンスの方向

 

ありがちなミスですが、肩・腰・足のラインがターゲット方向に向いていることです。

 

正しいのは、ターゲット方向より少し左側を向いているということです。

クラブヘッドと体は、少し離れています。

 

ですから、クラブフェースは、ターゲット方向に向いていいのですが、

体までターゲット方向を向いていると、右に向きすぎということになりますので、気をつけてください。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - スイング全体