ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ゴルフスイングを後方から動画撮影【トップの重要4点】

      2016/04/03

ゴルフスイング動画

ゴルフスイングを後方から動画撮影して確認することということの3回目です。

今回は、トップポジション(トップ位置)での確認事項をご説明致します。

 

トップでの形は、アドレス・バックスイング(テークバック)で行なってきたことが、

結果として現れたものです。

 

トップの形が悪いということは、

それ以前のアドレス・バックスイング(テークバック)に問題があるということです。

 

トップの形を直そうとして、トップの場所だけ確認してもダメです。

アドレス・バックスイングをしっかり確認してください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

手の位置

 

正しい手の位置は、体の正面にあり、肩の高さぐらいにあることです。

 

間違った手の位置で一番多いのが、

手が背中側まで大きく回っていて、体の正面から外れてしまっていることと、

肩より高い位置に上がってしまっていることです。

 

この原因は、体の回しすぎ・手でインサイドに引きすぎが原因です。

 

直し方は、

手が後ろにいくことについては、バックスイングで体の回転を抑えることで直ります。

手が上がりすぎることについては、右手首を伸ばして大きくバックスイングすれば直ります。

 

スポンサードリンク

胸・腰の向き

 

正しい胸・腰の向きは、自分から見て、右斜め前を向いている状態です。

 

間違った胸・腰の向きは、完全に胸・腰が後方に向いていることです。

これは、体の使いすぎが明らかです。

 

直し方として、一番有効なのがハンドレイトでアドレス(構える)することです。

ハンドファーストの場合、体を回さなければバックスイングができません。

後は、単純に体が回るのを抑えてください。

  

右手のひらの向き・右手首の角度

 

正しい右手のひらの向きは、ターゲット方向(飛球線方向)か、

それより少し右側を向いている状態です。

 

間違った右手のひらの向きは、

ターゲットより大きく右を向いている・真上を向いている です。

 

ターゲットより大きく右を向いている場合、

クラブはしっかり立っているのですが、右手首が外側に曲がってしまっています。

 

真上を向いている場合は、出前持ちのトップになっています。

 

直し方は、アドレスで作った右手首の角度・右手のひらの向きを維持することです。

正しいアドレスとは、

ハンドレイトで構えると右手首が真っすぐになって、

右手のひらはターゲットを向いています。

右手首に力を入れて、バックスイングをゆっくり行なうことで、維持できます。

 

シャフトの角度

 

正しいシャフトの角度は、スイングプレーンの角度より立っていることが重要です。

 

間違ったシャフトの角度は、シャフトがスイングプレーンより低いことです。

スイングプレーンより低いということは、フェースが完全に開いていることになります。

 

原因は、体の回しすぎ手でインサイドに引きすぎフェースターンのしすぎ

が考えられます。

 

直し方は、バックスイングで極端にクラブを立てて、上げていくことです。

極端にクラブを立てていくと、スイングプレーンの上へ完全に外れそうですが、

クラブヘッドが重たいので、自分が思っているより、クラブが寝ていきますので安心してください。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - スイング全体