ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ゴルフスイングを後方から動画撮影【バックスイングの重要4点】

      2016/04/03

ゴルフスイング動画

ゴルフスイングを後方から動画撮影した際の、確認するべきところをご説明しています。

今回はバックスイングをご説明致します。

 

アドレスとバックスイングで、その後のスイングが決まりますので、大変重要です。

逆に言えば、アドレスとバックスイングさえしっかりしていれば、

その後のスイングも大変安定します。

 

では、バックスイングの確認方法について、説明したいと思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

・バックスイング始動時の腰

 

バックスイングの始動時に腰が動き出すと、アウトです。

 

正しいバックスイングの始動は、手だけで行ないます。

バックスイングの始動で腰が動くと、クラブヘッドがインサイドに入っていきますのでダメです。

 

バックスイングでは、腰を止めておいてください。

 

スポンサードリンク

・バックスイング始動時のクラブヘッドの動く方向

 

バックスイング始動時の正しいクラブヘッドの動く方向は、

ターゲットと反対方向に、真っすぐ上がることです。

 

クラブヘッドがインサイドに上がりすぎている場合は、

腰や胸などが回りすぎていますので、できるだけ回転しないように抑えてください。

 

また、クラブヘッドがアウトサイドに上がりすぎている場合は、

アドレスが極端なハンドファーストになっていることが問題です。

 

アドレスが極端なハンドファーストの状態から、

腰や胸が回らないようにしてバックスイングをすると、

アウトサイドにクラブヘッドが上がります。

 

直し方は、アドレスをハンドレイトにすることです。

ハンドレイトのアドレスは、グリップ位置が体の中心より右側にあるので、

クラブヘッドも右側(ターゲットと反対方向)に動きやすくなります。

 

・クラブが腰の高さまで上がったときの、クラブヘッドの位置

 

正しいクラブヘッドの位置は、自分の体の右斜め前にあります。

クラブヘッドの真下は、ターゲットの線上になります。

 

間違ったクラブヘッドの位置は、自分の体の真横にある場合です。

これは、バックスイングで腰・胸が回りすぎているということになります。

 

直し方は、アドレスをハンドレイトにして、

体を回さず腕だけでバックスイングをすることです。

 

・クラブが腰の高さまで上がったときの、フェース面の向き

 

正しいフェースの向きは、

ターゲット方向に真っすぐ向いているか、それより下を向いていることです。

 

間違ったフェースの向きは、上を向いていることです。

クラブが腰の高さの時点で、フェースが上を向いているということは、完全にフェースが開いています

 

直し方は、バックススイングの始動から、右手首を真っすぐ伸ばし

右手のひらが、ターゲット方向をずっと向いているように行なうことです。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - スイング全体