ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【正しい音とイメージはグシャ】アイアンのインパクトはカチッじゃない/ゴルフレッスン

      2016/04/03

iron impact

アイアンは、ドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティと比べて、

正確にインパクトしなければ飛ばすことは出来ません。

その理由に関しては、初心者(ビギナー)のアイアンが飛ばない原因は?をご覧いただければと思います。

 

では、アイアンの正しいインパクトとはどのうような感覚でしょうか?

初心者(ビギナー)の方は、まだはっきりとはわかっていないと思います。

この正しいインパクトの感覚を知ると、ゴルフがやめれなくなりますよ。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

アイアンで正しくインパクトとすると、ボールが潰れる

ゴルフボールは、インパクトでどのようになるか知っていますか?

正しいインパクトは、ボールが潰れている状態です。

 

ゴルフボールはインパクトで一度潰れて、そこから復元する力で飛んでいきます。

ゴルフボールの表面は大変固いのですが、その固さが強い復元力を生んでいます。

 

スポンサードリンク

アイアンのインパクトではどのような音がするのが正しいのか?

では、正しい音とはどのような感じでしょうか?

正しい音というのは、ボールが潰れたときの低い音です。

私の感覚でいうと『グシャ』といった感じです。

 

甲高い音で『カチッ』という音で打っている方がいます。

ゴルフボールは、表面が大変固いので『カチッ』というのが当たり前と思っている方はいませんか?

ボールが『カチッ』ということは、ボールを潰せていない証拠です。

 

アイアンの正しいインパクトのヘッド軌道は、ターゲット後方から真っすぐ下りてくる

 

ゴルフスイングは、体を中心とした円軌道で振るのが当たり前だと思っていませんか?

しかし、それではボールを押し潰すことができません。

円軌道で振ると、ボールにインパクトする時間は短いです。

 

しかし、直線軌道で振ることが出来れば、ボールを押す時間が長いため、飛距離アップします。

そして、直線軌道であるからこそ、方向性も増すのです。

 

アイアンの正しいインパクトは、ボールがフェースの上に乗る

 

直線軌道で振るということは、フェース面がターゲットをずっと真っすぐ向いているということです。

ということは、ボールはフェースの上に乗ります。

ボールがフェースの上に乗れば、そのアイアンのロフトに合わせた高さのボールが自動的に飛んでいきます。

 

円軌道で振った場合は、フェース面も円軌道で動きます。

また、フェースもターンさせなければ、ターゲットに真っすぐ打つことはできません。

ということは、ボールはフェースに乗らず、低く飛んでいきます。

 

卓球でいうスマッシュみたいな感じで、ボールを擦り上げるような感じになり、ボールを押すことはできません。

このように打つ場合もありますが、基本ではありません。

 

アイアンのヘッド軌道は緩やかにソールを滑らせてインパクト

 

ヘッド軌道が緩やかであることから、ボールを横から押し潰すことができます。

上から押し潰すなる理論(ダウンブロー)などを聞きます。

 

しかし、そのような打ち方では、

・ダフリの元でしかない

・ラフ等の浮いたボールは打てない

 

ボールを押し潰して打つためにはどのようにすればよいか?

↑その方法は、こちらのページにてご確認ください。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - インパクト