ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】初心者(ビギナー)の当たらない・突然当たらない原因はアドレス(構え方)

      2016/04/03

 

当たらない

初心者(ビギナー)の方は、練習場(打ちっぱなし)では当たりがよかったのに、

いざコースに行くと全然当たらない

中級者・上級者の方は、前のホールでは当たりがよかったのに、急に当たらなくなった

こんなことは、結構あるのではないでしょうか。

 

初心者(ビギナー)の当たらない・当たらなくなったというのはどういう状態でしょうか?

それは、インパクトでのヘッドの抜けが悪い状態ということです。

ヘッドの抜けが良いときは、ボールの近くにヘッドを持っていけば、勝手に当たると思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ヘッドの抜けが悪くなると、スイングを変えて修正しようとする人がほとんどです。

 

例えば、

・スイング中の上下動を抑えるとか、

・インパクトでフェースターン(リストターン)して、もっとボールを捕まえにいくとか、

こんなことをやっていると思います。

 

しかし、スイングを変えたとしても、最後まで直らなかったという方が多いでしょう。

 

スポンサードリンク

初心者(ビギナー)のボールに当たらない、急に当たらなくなった根本的な原因はアドレスにある

 

初心者(ビギナー)の方は、正しいアドレス(構え方)が解っていません。

中級者・上級者の方は、ラウンドの途中でアドレスが変わったことに気付いていません。

 

その悪いアドレスとは、ハンドファーストです。

ハンドファーストのアドレスでスイングすると、インパクトでヘッドの抜けが悪くなります。

 

では、正しいアドレスとは、どのようなアドレスでしょうか?

 

それは、ハンドレイトのアドレスです。

 

ハンドレイトのアドレスであれば、

リーディングエッジ(クラブの歯)が地面に刺さりにくいことから、ヘッドを滑らせることができます。

 

↑具体的なハンドレイトのアドレス(構え方)の方法は、こちらをご覧ください

 

初心者(ビギナー)の方が、練習場では当たるが、コースで当たらない理由

 

初心者(ビギナー)の方で練習場では良い当たりなのに、

コースでは全然当たらないという方が多いと思います。

 

それは、練習場の場合は、床が固く・マットが滑りやすいため、打ちやすいです。

しかし、コースの場合は、地面は柔らかく・すべりもマットほどは良くないです。

 

初心者(ビギナー)の方は、練習からハンドレイトに構えて、クリーンにボールを捕らえる練習をしてください。

 

次に中級者・上級者の方が、突然当たらなくなるときの流れ

 

中級者・上級者の方が、急に当たらなくなるときの流れは、こんな感じです。

 

アドレスが知らないうちに、極端なハンドファーストになる

ミスが起こる

ミスをしないために、アドレスを小さく構える。

アドレスを小さくすると、ハンドファーストの度合いがもっと極端になる。

結果、ミスが止まらなくなる。

 

アドレスというのは、その後のスイングを決めてしまいます。

悪いアドレスになると、スイングを調整しても直りません。

ラウンド中に当たらなくなったときは、ハンドレイトで大きく構えてください。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - 当たらない