ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【右手の使い方】器用で力強いから積極的に使おう ゴルフスイング

      2016/04/04

golfer-960909_640

昔からの定説で、ゴルフスイングは左手がリードし、右手は極力使ってはいけないと言われています。

その理由は、右手を使いすぎることでボールをすくいあげる動きや、フェースを返しすぎてしまうからと言われています。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

右手を積極的に使った場合は?

 

右手でボールを飛ばそうとした場合、

フェースターンなどをする必要なく、ボールを押し出すように飛ばすことが可能です。

 

また、右手で方向性を出そうとした場合、肘を抜く動きなども不要なため、

特別なことをすることなく、クラブフェースを飛球線方向に保つことが可能です。

やはり、右手を使ったほうがスピード・パワー・方向性ともに発揮することが簡単です。

 

スポンサードリンク

左手を積極的に使った場合は?

 

左手でボールを飛ばそうとすると、フェースターンを積極的にしなければなりません。

しかし、フェースターンをし過ぎた場合、ひっかけやチーピンが発生してしまいます。

また、左手で方向性を出そうとすると、左肘を飛球線方向に抜くなどの動きが発生し、ボールが全く飛びません。

 

右手を使う上での注意点は?

 

右手首を柔らかく使いすぎて、右手首の力だけででヘッドスピードを上げてはいけません。

右手首を固定することで、インパクトで当たり負けせず、ボールを押し出す事が可能です。

 

なぜ、引っ掛けやチーピンが発生するのでしょうか?

 

それは、フェースターンをするスイングを行っているからです。

ボールを飛ばすのにフェースターンは必要ありません。

ですから、フェースターンをしないゴルフスイングを覚えることで、ゴルフの幅が広がります。

 

フェースターンをしなければ、ゴルフボールが打てないと思っていませんか?

 

フェースターンをしなければ打てないあなたでも、フェースターンをしないで打つことがあります。

それは、スライスを打つときです。

 

スライスは、ドローに比べると打つのは簡単で、初心者でも打てます。

クラブフェースを飛球線方向に維持したまま、右手でクラブを上げて、右手でクラブを下ろすだけです。

 

フェースターンでドロー気味のボールを打たれていた方にとっては、半信半疑かもしれませんが、

思い切ってやってみてください。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ダウンスイング