ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフグリップ基本】右手の親指の正しい握り方とは? 位置や強さは?

      2016/04/04

gesture-772977_640

正解は・・・

右手親指が

・グリップの「真上」もしくは「左」が正解

・グリップの「右」はダメ

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

右手親指がグリップの右はなぜダメなのか? 

 

右手親指がグリップの右側にくるということは、右手をグリップの下から添えているということになります。 

それはなぜかというと、右手のグリップが正しく横から握られているのであれば、

右手親指が右側に位置するためのスペースがありません。 

 

右手をグリップの下から握った場合、右手がアームローテーションしやすくなることから、

引っかけやチーピンの原因となります。 

 

スポンサードリンク

右手親指が「グリップの真上」のメリット・デメリット 

 

右手親指が「グリップの真上」のメリットは、 

フェースの向きを確認しやすいということで、方向性が高まります。 

 

要するに、右手のひらがクラブフェースと同じ向きを向いているので、

インパクトで右手のひらの向きを意識していれば、

クラブフェースの向きが変な方向を向くことがないからです。 

 

また、グリップをしっかり押さえることができるため、

クラブがグラグラせず、スイングが安定します。 

 

逆に、デメリットは、 

グリップを強く押さえることができるあまり、

トップの位置で親指の力を使い、ヘッドスピードを上げようとします。 

 

また、インパクトで親指の力を使ってボールを飛ばそうとしてしまい、

結果、極端なフェースローテーションをしてしまいます。 

 

右手親指が「グリップの左」のメリット・デメリット 

 

右手親指が「グリップの左」のメリットは、 

インパクトゾーンで右手親指が力むことないため、

極端なフェースターンが発生せず、方向性が安定します。 

 

逆に、デメリットは、 

右手の親指と人差し指の間に隙間ができることから、

クラブがグラグラして、スイングが安定しない場合があります。 

 

クラブの不安定さを解消するために、

右手の親指と人差し指の付け根だけ締めてグリップする方がいますが、

これも人によっては力みを生み、結果、スイングが固くなる場合があります。 

 

まとめ 

 

・スイング中のクラブを安定させたい人は、右手親指が「グリップの真上」が良い。 

但し、親指は力を抜いていることが重要です。 

 

・右手の親指と人差し指の間を締めてスイングが可能なら、右手親指が「グリップの左」がよい。

但し、変な力みが発生するのであれば、オススメしない。 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - グリップ