ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】タメを作ることがダフリ(ざっくり)の原因となる

      2016/04/03

 

charging

スイング中にタメを作るということをしていませんか?

タメを作るということは、ゴルフスイングを難しくしているかもしれません。

それは、ゴルフクラブの特性を無視している部分があります。

では、タメを作るとどのようになって、それがダフリになる原因となっていることを説明したいと思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

あなたはこんな感じで、タメを作ってスイングしていませんか?

・トップで出来たコックを維持し、手首を固めたままダウンスイングをスタートする

・腰のところまでコックを維持する。これがタメとなる。

・腰のところまで下りてきたら、ここから手首を解放し、一気にリリースする

だいたいこんな感じではないかと思います。

 

しかし、腰のあたりでタメを作り、そこから一気にリリースするというこの動きは、

ゴルフクラブの特性を無視した動きになります。

 

スポンサードリンク

ゴルフクラブの特性を知れば、ダフリの原因が無くなる

ゴルフクラブの構造は、長いシャフトの先に、重たいクラブヘッドがついています。

 

では、クラブヘッドのついていないシャフトだけを振り回した場合は、シャフトはどんな動きをするでしょう?

これは、シャフトに多少のしなりは起きても、それほどではありません

 

では、クラブヘッドのついた通常のゴルフクラブを振り回した場合はどうでしょうか?

クラブヘッドが重りとなるため、シャフトは大きくしなります

 

では、ゴルフクラブを急に振った場合と、ゆっくり振った場合ではどちらがしなるでしょうか?

もちろん、急に振ったほうが、しなりは大きいですね。

 

要するに、

・ゴルフクラブはしなりやすい構造になっている

・ゴルフクラブを急に振ると、しなりが大きくなる

 

腰のあたりまでタメをつくり、一気にリリースするという動きは、ヘッドスピードが一気に上がります.

結果、シャフトのしなりを大きくします。

シャフトのしなりが大きくなればなるほど、ゴルフが難しくなり、結果、ダフリに繋がるのです。

 

ダフリの原因となるタメを無くすことで、シャフトのしなりを抑える

タメの無いスイングが出来れば、シャフトのしなりを抑えることができます。

それは、徐々にヘッドスピードが上がっていく、ゴルフスイングが一番良いのです。

 

そのためには、大きなバックスイングとダウンスイングが必要です。

スイングアークが小さい場合、徐々にヘッドスピードを上げていく場合には時間が足りないのです。

 

バックスイング・ダウンスイングを大きくして、ゆったりと振っていきましょう。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ダフリ