ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフスイング】腰痛の原因はボディーターンスイング

      2016/04/03

 

腰痛

あなたは、腰痛を抱えてゴルフをしていませんか?

 

ゴルフスイングのいうのは、スイング軸を保つために体を固めつつ、

その中で動きを作っていかないといけません。

体を固めつつ、体を動かすという矛盾の中でスイングをしているのです。

 

ですから、ボディーターンを主体にスイングをしている人は、腰痛が治りません。

 

では、腰を痛めないようにするには、どうすれば良いでしょうか?

それは、固めるところと、動かすところを分ければいいのです。

体は固めて土台とし、動かすのは腕とするのです。

そうすれば、腰痛とはおさらばできます。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

腰痛にならないゴルフスイングは、アドレスから体勢を作っておく

 

まず、アドレスからです。

アドレスの際のグリップ位置は、体から離します。

その理由は、

体に近い位置にグリップすると、腕を動かしにくい

       〃       体と腕が一体化した感じになり、体を必要以上に回してしまう

 

アドレスで重要なもう一点は、

ハンドレイトで構えるということです。

グリップを体から離した上、ハンドファーストにするとスイング中に体が突っ込むので、

絶対にしないでください。

 

ハンドレイトのグリップは、右太ももの前あたりにきます。

スイング中にターゲット方向にグリップが動いたとしても、

元々右太ももの前にグリップがあったことから、ターゲット方向に動いたとしても体から外れないんです。

 

アドレスは、グリップを『体から離して、右太ももの前』です。

 

↑こちらも腰痛になりにくいアドレスの方法を説明しています。

 

スポンサードリンク

バックスイングで体・腰を使うから腰痛になる。腰痛にならないための一番のポイント

 

バックスイングですが、基本は腕だけで行ないます。

ここで、体を回転させてバックスイングをするから、腰痛になるのです。

 

アドレスで腕を使いやすい状態にしているので、体や腰は回さなくてもバックスイングは十分にできます。

ここまでできれば、腰痛のリスクは大きく減ると思います。

 

腰痛の原因は、上半身と下半身の捻転差に原因があります。

下半身を固定して、上半身を回すというボディーターンスイングはやめましょう。

 

切り返しを腰から行なうと、これも腰痛の原因となる

 

トップ・切り返し・ダウンスイングですが、

ここでも、腰からの切り返しなどは行なわないでください。

腰痛の原因となります。

 

ここまでをまとめると、

まず、アドレスで腕が使いやすく、体が動きにくい状態を作り

           ↓

バックスイングは腕だけで行ない、体や腰は回さない

           ↓

トップ・切り返し・ダウンスイングも、腕だけで行なう

 

これだけ体を使わないとボールが飛ばないと思っていませんか?

いいえ。全く問題なくボールが飛んでいきます。

 

体を使わないほうが、ヘッドスピードは上がる

 

それはなぜかというと、体が動かないことでスイング軸が安定します。

ということは、腕を思い切り振れるのです。

ヘッドスピードは、ボディーターンを主体としていた時より、上がっていきます。

 

まとめ

 

・腰痛の原因は、ボディーターンスイングにある。体を固めて軸を動かさず、体の回転で振るのは矛盾している

・下半身を固めて、上半身を動かすという捻転が、腰痛の最大の理由

・スイング中に体を動かさず、腕だけでスイングすれば腰痛にならない

・腕主体にスイングをするには、ハンドレイトでアドレスすることが重要

・スイング中は、腰や体をできるだけ動かさずに軸をつくることで、腕だけでもヘッドスピードが上がる

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - 身体の痛み