ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフグリップ基本】左手と右手を詰める握り方はダメ

      2016/04/03

grip

一般的に言われているのが、グリップは詰めて握らないと言われています。

これは、グリップを一体化しなければならないという考え方からです。

しかし、本当に一体化しなければならないのでしょうか?

 

ゴルフスイングにおいては、右手と左手は、別々の役割があります。

その別々の役割をしっかり実行できるグリップが一番重要です。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

右手と左手のそれぞれの役割と、グリップの握り方の関係は?

 

右手と左手は一体となってゴルフスイングを作っていくものです。

しかし、主な役割は右手と左手で異なります。

スポンサードリンク

左手のグリップの主な役割

 

左手の主な役割は、クラブを支えることです。

スイング中には、ゴルフクラブに遠心力などの様々な力がかかりますが、

それを支えるのは左手になります。

左手だけにグローブをするのは、クラブを支えるためです。

右手のグリップの主な役割

 

右手の主な役割は、ゴルフクラブを動かすことです。

右手の動かし方で、『ヘッド軌道』『スイングスピード』『フェースターン量』『スイングアーク』

などが決まります。

右手は、絶妙なコントロールが必要なため、グローブをしないほうが良いと思います。

グリップの間を開けずに、詰めて握った場合は一体化しすぎる

 

では、グリップの間を詰めて握った場合は、どうでしょう?

この場合は、左手と右手の間がないことから、グリップに余裕がありません。

よって、左手と右手が1つの塊となり、左手と右手が同じ動きをしてしまいます。

スイング中に体が大きく動きやすい方は、グリップを詰めて握りすぎているかもしれません。

 

グリップは離して握ることで、ゴルフクラブも安定する

 

グリップを離して握ると、クラブがふらつくと思っていませんか?

グリップを詰めて一体化して握った方が安定すると思っていませんか?

 

グリップを詰めて一体化して握ると、クラブを1点で握っていることになります。

しかし、グリップを離して握ると、クラブを2点で握っていることになります。

スイング中にクラブが安定するのは、左右のグリップを離して2点で握ることになります。

 

最後にもう1つ

実際に握る時は、あなたたち一人一人が思っている以上に、グリップは大きく離して握ってください。

まとめ

 

・左手のグリップの主な役目は、クラブを支えること

・右手のグリップの主な役目は、クラブを動かすこと

・左右のグリップを離して握ることで、左右が別々の動きをすることができる

・実際にグリップを握る際は、自分が考える以上に離して握るぐらいが良い

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - グリップ