ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

トップの原因であるヘッドアップ・ルックアップを克服するには?

      2016/04/03

headup-lookup

トップの原因として『ルックアップ』『ヘッドアップ』が挙げられます。

この2つの対処法としては、

インパクトした後も地面を見続けるというものがありますが、それでもやってしまいます。

 

この方法は間違いではないですが、それだけでは足りません。

その前に『ルックアップ』『ヘッドアップ』をしやすい状態が出来上がってしまっています。

 

ちなみに、『ルックアップ』『ヘッドアップ』とは、

ボールをインパクトする前に、目線や頭が浮いてしまうことで起きるミスのことです。

では、その根本的な原因はなんでしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

トップの原因となるヘッドアップ・ルックアップは、目線が問題かも?

 

あなたは、このような目線でボール見ていませんか?

ゴルフというものは、ボールを横から打ちますよね。

ということは、右打ちであれば、ボールを右側から見ていると思います。

 

これは、ごく自然なことですよね。

ボールの右側にクラブヘッドをインパクトさせたいから、そのインパクト部分を見るというのは当たり前ですね。

そして、ボールの右側を見ているといるということは、体の軸は右側に傾くことになります。

 

スポンサードリンク

スイング中は、どうしても頭は動こうとする

 

スイングした場合、頭はどのような動きになるでしょうか?

答えは、クラブの動きにつられて、頭が左に動こうとします。

これは、体の軸が真っすぐであろうが、傾いていようが必ず左に動こうとします。

あなたは、この左に動こうとする動きを必死に耐えていると思います。

 

軸が極端に右に傾いている状態でスイングした場合、どのようになるでしょうか?

 

この場合は、頭はかなり右に傾いているため、頭は左に動くことをガマンできます。

しかし、極端に右側から見ているため、頭は上がらないが、あごが浮いて結果、目線が浮くことになります。

 

体の軸を真っすぐにしてスイングした場合はどうでしょうか?

 

この場合は、頭が左に動きます。

真っすぐの状態であれば、体が左に動きやすいです。

頭の動きをガマンしようとしても、結果、体に引っ張られて頭も動きます。

 

正しい軸が正しい目線となり、トップの原因となるヘッドアップ・ルックアップは防げる

 

まず、やらなければならないことは、スイングに耐えられる体の軸を決めるということです。

一番耐えられる体の軸の傾きとは、ほとんど真っすぐだが、若干右に傾いているという状態です。

 

インパクトではアドレスのときよりも、右に傾けて耐えようとします。

ですから、右に傾きすぎていると、インパクトでは極端に右に傾いてしまうことになりますので気をつけてください。

 

そして、体の軸が決まってしまうことで、目線は勝手に決まります。

ですから、自分の好きな目線で構えるのではありません。これに慣れるしかないです。

目線を先に決めて、次に体の軸を決めた場合、極端に右に傾くことになるので順番を間違えないでください。

その他のトップとなる原因はこちらから

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - トップ