ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ロングアイアンの打ち方のコツはシャフトをしならせない【ゴルフレッスン】

      2016/04/03

ロングアイアン

ここでは、ロングアイアンが難しい理由と、正しい打ち方のコツについて、説明致します。

ロングアイアンを打つのが苦手だと言う人は、たくさんいらっしゃると思います。

 

その理由として、ロングアイアンはシャフトが長いからということですが、

単にシャフトが長いから当てるのが難しいというわけではありません。

これには、ゴルフクラブの構造が関係しています。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ロングアイアンを打つことが難しいのはなぜか?

 

それは、シャフトがしなりやすいからです。

しなりやすいということは、自分が思っているように、クラブヘッドが動いてくれません。

ゴルフクラブは、シャフトの先端に重りとなるクラブヘッドが付いているため、元々しなりやすい構造です。

 

また、ロングアイアンは、シャフトが長いことから、他のクラブに比べて大変しなりやすいです。

ダウンスイングでシャフトをしならせるほど、クラブヘッドが遅れて下りてくることから、

タイミングが合わせることが難しいのです。

スポンサードリンク

ロングアイアンの正しい打ち方。コツが解れば、ゴルフが一気に上達する

 

ずばり、ロングアイアンのコツは、ダウンスイングで、シャフトのしなりを抑えることです。

シャフトをしならせないようにするには、コックをしないということが重要です。

 

シャフトをしならせないように打つ手順は・・・

・アドレスは『ハンドレイト』で、右手首を伸ばす

            ↓

・バックスイングは右手首を伸ばしたまま。途中でコックを入れない。

・クラブヘッドをターゲット後方に真っすぐ上げる体の回転を抑えることで可能

            ↓

・トップではクラブを立てるが、コックをするわけではない。

右手首は伸びたまま

            ↓

・切り返しは腕だけで行なう。体や腰などは回転させない。

            ↓

・ダウンスイングも右手首は伸ばしたまま。コックを入れていないので、手首のタメもない

バックスイング・トップで出来たクラブの状態のまま、下ろしてくる

 

コックを使うと、シャフトがしなりやすくなるから、絶対にしてはいけない

 

シャフトが一番しなりやすいのは、クラブヘッドを急激に動かした場合です。

ですから、このようなスイングが一番しなりやすいのです。

 

・バックスイングをコックを使って上げる。

・トップで出来た手首の角度を維持して、腰の高さまでクラブを下ろしてくる

・腰の高さから、手首をリリースして、一気にクラブヘッドを加速させてインパクト

 

このようなスイングをしていては、ロングアイアンをうまく打つことは難しいです。

コックを使わず、大きなスイングアークでゆったりと振ることが大事なのです。

まとめ

 

・ロングアイアンを打つコツは、シャフトをしなりを抑えること

・シャフトのしなりを抑えるには、コックをしないスイングが必要

・ゴルフクラブは、急激な動きが一番しなる

・手首のコックを維持したまま、腰までクラブを下ろしてきて、

 腰のあたりで手首をリリースする動きは一番シャフトがしなるのでやってはいけない。

・コックを使わず、大きなスイングアークで、ゆったりと振ることでシャフトが一番しならない

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ロングアイアンが打てない