ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ハンドレイトでインパクトゾーンを長くする【ゴルフスイング基本】

      2016/04/03

long

ここでは、インパクトゾーンを長くする方法について、説明致します。

あなたもやはりインパクトゾーンが長いほうがいいと思っていると思います。

インパクトゾーンが長いほど、飛距離・方向性とも向上するからです。

では、どのようにすれば、インパクトゾーンを長く出来るでしょうか。

それは、すごく簡単なことなんです。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

インパクトゾーンを長くする方法は、アドレスをハンドレイトに変えるだけ

 

インパクトゾーンを長くする方法は、ズバリ、アドレスをハンドレイトにするだけです。

ハンドレイトとは、ハンドファーストの反対のアドレスです。

 

ハンドレイトアドレスの特徴は、

・グリップ位置が、体の中心より右側寄りで右太ももの前あたり

・グリップ位置は、ハンドファーストの時より体から離れる

・自分から見て、グリップ・シャフト・クラブヘッドが、ターゲットに対して90度で一直線

右手首が一直線に伸びている

 

スポンサードリンク

なぜ、ハンドレイトのアドレスが、インパクトゾーンを長くするのか?

 

まず、アドレスの時のグリップ位置と、インパクトの時のグリップ位置の違いを知ることが必要です。

それは、インパクトの時のグリップ位置の方が、アドレスの時の位置よりターゲット方向(左方向)にあります。

これは、インパクトの時のグリップは、動いていることからターゲット方向によるということです。

まず、このことを知ってください。

 

では、インパクトゾーンを長くする手順は・・・

まず、アドレスでは右太ももの前にあります。この状態のまま、バックスイングをスタート

         ↓

トップ〜ダウンスイングに向かう

         ↓

クラブヘッドが最下点にきて、インパクト

その時のクリップの位置は、右太ももの前に下ろしてくる(この位置にグリップを持ってくることが一番重要)

         ↓

ボールにインパクトしたことにより、クラブヘッドが減速

このときに、グリップをターゲット方向に動かす

 

要するに、インパクトの右太ももの位置から、グリップをターゲット方向に動かすことで、

インパクトゾーンが長くなるのです。

 

インパクトゾーンが短くなってしまうやってはいけないこととは?

 

・ハンドファーストのアドレス

 インパクトでのグリップ位置は、アドレスの時よりターゲット側に動きます。

 しかし、ハンドファーストのアドレスは、最初の時点でグリップが左太ももの前にあることから、

 それ以上、ターゲット方向に動くためのスペースがありません。

 

 また、グリップがターゲット方向に動いたとしても、

 体から大きく外れることからコントロールできません。

 

・ダウンスイングでグリップを下ろしてくる位置が、体の中心よりターゲット寄り

 せっかくアドレスでハンドレイトで構えていたとしても、

 ダウンスイングでグリップを下ろした位置が、体の中心よりターゲット寄りであれば、

 ハンドファーストで構えたのと変わらないことになる。

 

まとめ

 

・インパクトゾーンを長くするためには、ハンドレイトで構える

・ダウンスイングでグリップを下ろしてくる位置は右太ももの前

・右太ももの前にグリップを下ろすことで、

 その後、ターゲット方向にグリップを動かし、インパクトゾーンが長くなる

・アドレスでハンドファーストで構えると、インパクトゾーンを長くできない

・アドレスでハンドレイトで構えても、

 ダウンスイングでグリップを体の中心よりターゲットよりに下ろしてくると、

 結果、ハンドファーストで構えたのと変わらないことになり、やってはいけない

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - インパクト