ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【リストターンでは飛距離が不安定】手首を使うとボールが無駄にスピン/ゴルフ

      2016/04/04

golf-swing-970877_640

リストターンとはなにか?手首を返すこと動きのことを言います。

リストターンとは、ボールをインパクトする際、

右手首を手のひら側に折ることで、ボールを捕まえようとする動きのことです。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

リストターンのメリット・デメリットは?

 

メリットは、手首の力を使えることです。

手首を使う事でヘッドスピードを上げることができます。

又、クラブフェースが開いた状態でインパクトを迎えるところを、強引に修正することも可能です。

 

デメリットは、手首を使いすぎてしまった場合です。

手首を返しすぎた場合、引っかけやチーピンが発生します。

 

スポンサードリンク

リストターンをする方が多いのはなぜか?

 

それは、アマチュアや初心者には、スライスボールを打つ方が多いからです。

ドライバー(ウッド)で打った際は、特に極端なスライスボールになり、結果、OBとなります。

その対策として、リストターンをすることで、ボールを捕まえて打とうとします。

 

リストターンで方向性は安定するか?

 

答えは、安定しません。

リストターンは、タイミングを合わせることが難しいからです。

ゴルフスイングのインパクトはコンマ数秒であることから、繰り返しタイミングを合わせることは至難の業です。

 

リストターンでどのくらい飛距離は伸びるか?

 

リストターンをうまく使えれば、ヘッドスピードが上がります。

しかし、ヘッドスピードが上がれば上がるほど、

クラブヘッドとボールの衝撃も上がり、結果、当たり負けすることになります。

多少の飛距離アップは望めるわけではなく、又、安定した飛距離アップも望めません。

 

正しいインパクト時のボールの状態とは?

 

ゴルフボールは、インパクトで一瞬潰れた状態になり、

その後、元の丸い形に戻ろうとする復元力を利用して飛んでいきます。

 

このようなボールの状態を作るためには、出来る限り長い時間ボールを押す事が必要です。

ボールは打つのではなく、押し出さなければなりません。

 

正しいインパクト時のクラブヘッドの動きとは?

 

リストターンは、インパクト時もターンを続けていることから、

ボールに触れている時間が大変短くなります。

これでは、ボールを押し出す事ができません。

 

クラブフェースのターンが、出来る限り止まった状態でインパクトすることで、

ボールを長い時間押し出すことが可能になります。

結果、飛距離・方向性が向上します。

 

リストターンを使わずに、方向性・飛距離を向上させるためには?

 

答えは、体重移動です。

体重移動さえうまく使うことができれば、リストターンは不要です。

気持ちよくボールをインパクトできた時は、ボールが潰れたような感じになります。

 

↑こちらの動画は、大変参考になりますよ。 

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - インパクト