ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【左手親指の握り方・位置は関係ない】スイングは右手で作れ/ゴルフグリップ基本

      2016/04/04

左手親指

トップでの左手の親指の位置は、グリップの下にあってはいけないとよく言われています。 

その理由は、左手親指を使ってコックしたりすることで、クラブヘッドに無駄な動きをさせるからです。 

しかし、これは左手の親指の位置が悪いから、グリップの下に左親指が来ているというわけでは無いのです。  

結論から言うと、左手の指の位置はどこでもいいのです。 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

では、左手親指の一番良くない動きは? 

 

・トップからダウンスイングの切り返しのタイミングで、左手親指でシャフトを走らせる動き 

この動きは1番いけませんね。 

 

・インパクトで左手の親指を使ってボールを押す 

これは、手先を使ってインパクトして良くないです。 

 

・左手をグリップから離す 

確かに左手親指は悪い動きをしなくなると思いますが、これではクラブがフラフラして不安定です。 

 

スポンサードリンク

では、左手親指の正しい動きは?   

 

それは、左手の親指を使わないゴルフスイングをすればいいということです。 

 

具体的には、 

・右腕を主体にしたスイングをする 

左腕を主体としたスイングをすると、左腕のコックや指先の動きを使ってしまうから。 

 

トップをコンパクトにする 

大きなトップになるとダウンスイングにて振り遅れてしまうことから、石を使ってしまったりする。 

 

・テイクバック時に、左腕のアームローテーションを抑える 

テイクバックで左腕を内旋させると、逆にダウンスイングで左腕が外旋してしまい、

結果、左親指もそれに吊られて無駄な動きをしてしまう。 

 

左手の親指はクラブを支えるだけで、基本的には動きません。 だから、左手親指の位置はどこでもいいのです。

 

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - グリップ