ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ハンドレイト固定→ハンドファースト】インパクト以降の左手首の使い方/ゴルフ

      2016/04/04

hand-63751_640

あなたは左手首の動き方をどのように考えていますか? 

一般的には以下のように考えられている方が多いと思います。 

 

・インパクトでは、左手首の力を抜いてフェースターンを行う 

・トップでは、左手親指方向にコックをする 

・ダウンスイングでは、クラブが腰に降りてくるまで、コックを解かない 

これらの動きは、左手を主に使って打つ場合の左手首の使い方です。 

 

しかし、現代のゴルフクラブにおいては必要のない手首の動きです。 

旧型のクラブは木製のドライバーヘッド(パーシモン)であったため、

ボールのつかまりが悪く、ボールもあまり飛ばなかったため、このようなスイングでした。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 では、現代のクラブでの左手首の正しい使い方は、基本的には固定。返しはダメ

 

正解は以下の2つ。 

・インパクトまでは、左手首は固定したまま 

・インパクトと同時に、左手首は若干伸びる 

 

スポンサードリンク

では、もう少し詳しく説明していきましょう。 

 

正しいアドレスは、ハンドレイトの構えになります。 

 ・手首は、自分から見て「逆くの字」になります。 

手首は、自分から見て「真っすぐ」になります。 

 

 ハンドレイトのままで、テークバック・ダウンスイングします。 

トップでは、コックをしてはいけません。 

ボールにインパクトするときも、ハンドレイトのままです。 

 

ここが一番大事なところ!! 「グリップ」が「クラブヘッド」を後から追い抜いていくが正解

 

 ボールにインパクト後は、 

「グリップ」が「クラブヘッド」を、後から追い抜いていきます。・・・○ 

「クラブヘッド」が「グリップ」を、後から追い抜いていきます。・・・❌ 

 

①の動きができるのは、ハンドレイトでインパクトしているからです。 

インパクト直後は、左手首を若干伸ばすことで、グリップを飛球線方向に平行に動かせます。 

 

上記①だと、ボールが飛ばないと思っていませんか? それは違います。 

 

確かに、①ではヘッドスピードは減速します。 

しかし、インパクトの前に十分加速していますから問題ないのです。 

逆に、ボールを押し出すことができ、方向性・飛距離も向上します。 

 

↑こちらの動画は大変参考になります。
 
 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - インパクト