ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフグリップ基本】左手小指の使い方でスイングが安定する

      2016/04/04

pinky-swear-329329_640 (1)

正解は軽く握るです。 軽く握ることで左腕の力を抜くことができます。

しかし、小指をはずすのはダメです。クラブが不安定です。

左腕の力を抜くことができれば、左肩周辺が柔軟に動くなり、結果、右腕の動きを邪魔しません。 

また、あまり強く握ると、小指付け根に痛みが出て、バネ指になりますよ。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 では、左手の小指をしっかり握った場合はどうなるでしょうか? 

 

これは、左手主体のスイングとなります 。 

左腕でテイクバックした場合、左腕が内旋しやすくなります。 

トップでは、コックが入りやすくなります。 

 

インパクトでは、左腕の外旋やリストターンがしやすくがなります。 

これらは全て、引っかけやチーピンの原因となります。

 

スポンサードリンク

過去のゴルフクラブは、現在ほど性能が良くありませんでした。 

 

ですから、過去のスイング理論は、

左手のアームローテーションがなければボールを飛ばすことができませんでした。 

 

左手のアームローテーション等を積極的に行なうために、

ゴルフクラブをしっかり持たなければなりませんでした。 

 

しかし、現代のゴルフクラブは違います。 

 

ゴルフクラブの性能が向上し、ボールのつかまりや弾きが良くなっています。 

ですから、現代のスイング理論に左手のアームローテーションは必要なく、

結果、左手小指を強く握る必要はありません。 

 

物を握る際、小指の握力は非常に強い力を発揮します。 

しかし、現代のゴルフスイングにおいては、

左手の小指はスイングを壊す可能性がありますので、注意してください。 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - グリップ