ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【骨格】で左手甲の向きを決める/ゴルフスイング

      2016/04/04

golf-534790_640

あなたは左手の甲どちらに向けてますか? 

最近よく聞くのは、左手の人差し指と中指の拳が見えるように握ることを進めるものが多いです。 

これをフックグリップといいます。 

フックグリップの場合は自分から見て、真っ正面の方向もしくは、少し左斜めの方向を手の甲が向いていることになります。 

 

左手の甲を飛球線方向にまっすぐに向けることを勧めるものもあります。 

これはストレートグリップです。 

あと、左手の甲を飛球線方向より左に向けるのウィークグリップといいます。 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

では左手の甲はどちらに向けることが正しいでしょうか? 

 

正解は、人によって異なります。 

なぜなら、1人1人の骨格により、変わってくるからです。  

 

例えば、直立して腕の力を緩めた場合に手の甲はどちらを向いていますか? 

横を向いている人もいれば、少し斜め前を向く人もいると思います。 

 

スポンサードリンク

ではここからが本題です。 

 

手の甲の向きは、どの向きが自分に合ってるかどうかを決めるにはどうすればいいでしょう? 

それは、インパクト直後に極端なアームローテーションが発生しない手の甲の向きが1番良いです。 

私の場合は腕の力を抜いて直立して立った時に、手の甲の向きは真横になります。  

 

では、私がフックグリップで握ったらどうなるでしょうか? 

 

テイクバックでは手の甲の向きが変わらず、飛球線後方に真っすぐ引くことができます  

しかし、インパクトと同時にアームローテーションが発生してしまいます。 

これは、どうしても抑える事が出来ません。 

 

では、私がストレートグリップで握ったらどうなるでしょうか?

 

テイクバックでは若干のアームローテーションが発生します。 

しかし、フックグリップの場合と異なり、

インパクトの瞬間もアームローテーションが発生せずに、そのままボールを打ち出すことができます。 

 

では、私がウィークグリップで握ったらどうなるでしょうか? 

 

テイクバックの開始時点で、極端なアームローテーションが発生し、

結果、インパクトの直前からアームローテーションが発生します。 

ということは、私の場合はストレートグリップが一番合っていると思います。 

 

ボールの飛ぶ方向が決まる要素として、インパクト中のアームローテーションが大きく関係しています。 

インパクトと同時に左手がアームローテーションをした場合は、

アームローテーションした分だけ左側に飛んできます。   

 

しかし、左手がアームローテーションをしなければ、

インパクト前のクラブヘッドの入射角さえ気をつければ、打ち出し方向は安定します。 

 

まとめ 

 

・アドレスでの左手の甲の向きの決め方は、直立した時に手の甲がどちらを向いているか 

・手の甲が真横を向いているなら、ストレートグリップ 

・手の甲が少し前を向いているなら、フックグリップ 

・手の甲が少し背中側を向いているなら、ウィークグリップ 

・インパクト中に左手がアームローテーションをする場合、そのグリップは合っていない 

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - アドレス