ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

左手の使い方【リードは不要】/ゴルフスイング

      2016/04/04

golfer-851852_640

昔からよく言われているゴルフ理論として、左手はリードで、右手は基本的には使わないとよく聞きますね。 

 

 左手のリードとはどういうものなのでしょうか? 

 テイクバックは左腕を内旋しながら上げていきます。 

 ダウンスイングでは、左手を一気に引き下げます。 

 そして、インパクトでは左腕の外旋を行ないボールを捕まえます。 

 

昔のゴルフクラブは、ボールのつかまりがあまり良くなかった。

ですから、左手をアームローテーションやリストターンを使ってボールを捕まえていました。 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 現在のゴルフクラブは、ボールのつかまりがよく、左手のリードは不要です。 

 

 逆に、左手のリードが強くなりすぎると、引っかけ・チーピンの原因となります。 

 

スポンサードリンク

また、左手のリードが強くなるという事は、ボールを押しつぶすことができません。 

 

クラブヘッドがボールにインパクトをした直後も、クラブフェースがローテーションしてしまいます。. 

 という事は、インパクトした後にボールに回転をかける状態になります。 

テニスや卓球のスピンをかけるような状態です。 

 ボールを押しつぶすのであれば、フェースの向きは飛球線方向を向いた状態を維持することが1番良いです。 

 

また、左手のコックを使うと、ダウンスイングの始動から左手を積極的に使うことになり、 

 

肩・腰が開きやすく  

→早い段階で体重移動することにより、グリップがアドレス時より飛球線方向に行き過ぎる

 →手首などの小手先でカバーする 

という良いことがありません。 

 

では左手はどのように使うのが1番いいんでしょうか? 

 

それは何もしないことが1番良いのです。 

 左手を意図的に使いすぎると自分が思っている以上に使ってしまうのです。 

 

 自分は何もしなくても、ゴルフのスイングは自分の体を中心としたインドになるため、

少なからずはアームローテーションは発生するのです。 

 

 これを左のリードを意識してスイングした場合は、

インパクト以降に必要以上のアームローテーションをしてしまいます。 

 

まとめ 

 

・左腕は、アームローテーションやリストターンは不要 

・左手は右手の邪魔をしない 

・左手のリード意識しなくても少なからず自然にアームローテーションは行われている。だから意図的にはやらない 

・特にインパクト以降はボールを押し続けるために、フェースの向きを一定に保つ

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - フォロー・フィニッシュ