ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフスイング】左の壁が崩れる3つの悪い右側の使い方

      2016/04/03

 

左の壁

あなたは、左の壁の意識を持ってスイングをしていますか?

体が左サイドに流れないように、スイングをされていると思います。

この左の壁の位置は、人によって様々です。

 

顔の横にあったり、左膝の横にあったり、左腰の横にあったりと様々です。

 

左の壁の位置については、その人のスイングにおいて、

左方向に流れやすいのはどのかで変わってきます。

ですから、必ずココを壁にしないといけないというのはないと思います。

 

しかし、左の壁を意識しても、

どうしても体が突っ込んでしまうという方もいらっしゃると思います。

 

左の壁が崩れてしまう原因は、左の壁が弱いからというよりも、

右半身の使い方が悪いことから、その影響が左半身にも影響していると思われます。

 

では、右半身の悪い使い方とは、どのような使い方でしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

左の壁が崩れる一番多い原因は、腰を押し込む動き

 

一番多い原因は、腰を押し込む動きです。

 

腰を押し込む動きとは、トップからの切り返しを腰を先行させてスイングする方の特徴です。

トップからの切り返しを腰から行なう方は、

右腰を押し込むことで左の腰がターゲット方向にずれてしまいます。

 

腰で切り返す方は、自分では左の壁が崩れていることに、気がついていない方が多いです。

なぜなら、頭の位置は動いていないので、目線はそれほど左にずれていないからです。

腰だけ左にずれているので、スイング軸の形がくの字型に曲がっています。

 

スイング軸がくの字型に曲がると、ボールの手前にダフってしまったり、

ダフリを恐れて、今度はトップになったりと、様々なミスが起こります。

 

このタイプの方が左の壁をつくる方法は、

腰からの切り返しを止めることです。

切り返しは、腕だけで行なうことを覚えると、インパクトが安定します。

 

スポンサードリンク

次に左の壁が崩れる原因として多いのは、頭を残す意識が強すぎる人

 

次に多いのが、頭を残す意識が強すぎる人です。

このタイプの人は、頭が左にずれると、左の壁が壊れてしまいます。

頭を右に残しすぎると、今度は、膝・腰などの下半身だけが左に動いていきます。

 

このタイプもスイング軸が、くの字型になるのですが、

腰から切り返すタイプ以上に、くの字がひどくなります。

頭を残すことから、下半身が左へずれればずれるほど、頭が右側に下がっていくからです。

 

このタイプの方のミスは、極端なダフリが多いです。

クラブヘッドが、ボールのかなり手前に落ちてしまいます。

 

このタイプの方の直し方は、インパクトと同時に、頭が左側に動くことを知ることからです。

インパクトと同時に頭が左に動けば、ボールに体重を乗せることができます。

これは、自分から頭を動かすのではなく、スイングの勢いがあるので自然に動きます。

そのことを知っていれば、受け入れてください。

 

3つ目の左の壁が崩れる原因は、バックスイングでの腰の回しすぎ

 

左の壁が崩れるもう1つの理由は、

バックスイングで体を回しすぎということが考えられます。

 

バックスイングで腰を右回ししすぎると、その反動でダウンスイングでは腰が左回転しすぎます。

これは、ゴルフスイングの面白いところで、

バックスイングでの動きが、ダウンスイングでは反対の動きとなって現れます。

 

このタイプの方は、スイング軸が前後することによるミスが起こります。

スライスやシャンクが、このタイプに多いミスです。

 

このタイプの方の直し方は、バックスイングの始動を腕で行なうことです。

その際、腰はできる限り回さないようにしてください。

また、切り返しも腕から行なってください。

絶対に、腰から切り返すことはしないでください。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - 左の壁