ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【左膝は固定?伸ばす?】動きを抑えるとゴルフスイング・インパクトが安定

      2016/08/10

knee

あなたは、左膝をどのように使っていますか?

左膝の動きを見れば、その人のスイングのレベルが良くわかります。

下半身は、ゴルフスイングの土台ですから、ここが揺らぐと全てが揺らぎます。

特に膝は重要です。

 

というのは、下半身の中で一番自由に動くからです。

伸びたり、前に出たり、左右に動いたりと様々です。

膝の動きを制することができれば、ゴルフスイングは格段にレベルアップします。

ここでは、正しい膝の動きについて、特に重要な2点に絞ってレッスンしましょう。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

左膝の動きの基本で絶対にやってはいけないのは、膝を完全に固定し、止めてしまうこと

 

スイングを安定させたいがあまり、一度は試したことがあるかもしれませんが、

ゴルフスイングで一番やってはいけないことは、膝の動きを完全に止めてしまうことです。

 

左膝の動きを完全に止めてしまうと・・・

・スイングが固くなり、リズムが取れない。特に、左半身の動きが固くなる。

・膝は動かないかわりに、他の部分が必要以上に動いてしまう。

 

左膝の役割は、

・スイングをスムーズに行なうこと

・あらゆる力を吸収すること にあります。

左膝は、基本的にはリラックスしていないといけないのです。

 

スポンサードリンク

左膝の動きで重要な2点とは?

 

左膝は基本的にはリラックスしていないといけません。

しかし、リラックスしているということは、膝が自由に動きやすい状態にあります。

 

そこで、あなたがやらなければならないのは、

スイング中の2点のタイミングで、左膝の動きを抑えてあげないといけないのです。

 

1つ目は、バックスイングの際に、左足かかとが浮かないように、左膝で抑える

 

1つ目のポイントは、バックスイングの際に、左足のかかとが浮かないようにすることです。

バックスイングの始動時点では必要ありませんが、

ある程度までクラブが上がり、体が回ると左かかとが浮こうとします。

それを、膝を動かさないことで抑えます。

 

左かかとが浮くと、

・クラブヘッドをインサイドに引きすぎたり、

・トップ位置が高くなりすぎる   ので気をつけてください。

 

2つ目は、インパクトの直前に左膝がターゲット方向に流れないように止める

 

2つ目は、インパクトの直前に、左膝がターゲット方向に流れないようにすることです。

インパクトの直前に左膝を止めることで、クラブヘッドが走ります。

 

このときにやってはいけないのが・・・

ダウンスイングの早い段階から、左膝の動きを止めることです。

あまりにも早い段階から止めすぎると、下半身が止まることから、その反動で上半身が突っ込みます。

ですから、左膝を止めるのは、インパクトの直前だけにしてください。

 

まとめ

 

・左膝をスイングの間中、止める・固めるということは、絶対にしてはいけない。

・左膝は、基本的にはリラックして、自由に動く状態にしておく。

・しかし、スイング中の2点だけは、左膝の動きを抑える

 バックスイングの際に、かかとが上がらないように、左膝で抑えること

 インパクトの直前で、左膝を止めて、ターゲット方向に流れないようにすること

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - アドレス