ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【左手人差し指が強い】とスライスの原因に/グリップの握り方

      2016/03/15

 

左手人差し指

左手の人差し指が原因で、振り遅れてスライスになることがあるのをご存知ですか?

これは、ほとんどの方が分かっていないところです。

 

分かっていないというか、『左手人差し指の使い方』をあまり深く考えていません

 

それはなぜかといえば、ゴルフ特有のグリップの握り方に原因があります。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ゴルフ特有のグリップの握り方が、左手の人差し指をほったらかしにしている

 

では、『オーバーラッピング』で握った場合を考えてみましょう。

 

『オーバーラッピンググリップ』は、『左手人差し指』の上に、『右手小指』が重なります。

『右手小指』は、『左手人差し指』を上から押さえつけ、グリップを握っています。

結果、『左手の人差し指』はあまり意識がいかなくなります。

 

また、『インターロッキング』で握った場合はどうでしょうか?

『左手人差し指』は、『右手の薬指と小指の間』から飛び出ていて、グリップにほとんど触れていません。

結果、『左手の人差し指』にはほとんど意識がいっていません。

 

人間が物を握るときに、一番力を発揮する指は『小指』です。

プロ野球選手の中にも、グリップが力まないように、小指を浮かせている方もいます。

 

ゴルフグリップは『左手の人差し指』と『右手の小指』が重なったり・触れたりすることから、

『右手の小指』ばかりに意識が向き『左手の人差し指』はほったらかし状態になっています。

 

スポンサードリンク

『左手の人差し指』をほったらかした結果、無駄に力が入ってしまうパターンが2つある

 

それは、ダウンスイング中の以下の2つです。

 

タメを作った際に、『左手人差し指』に無駄な力が入る

ヘッドスピードを上げる際に、『左手人差し指』に無駄な力が入る

 

この2つが、振り遅れを生じさせ、スライスなどの原因になります。

 

 

タメを作った際に、『左手人差し指』に無駄な力が入るとは?

 

トップからクラブが腰のあたりまで下りてきたところで、『タメを作って』スイングする人がいます。

 

『タメの作り方』は、右手の手首の角度を維持するのですが、

そのときに『左手の人差し指』を使い、クラブを下から支えている人がいます。

このときに力が入ります。

 

クラブにタメを作っている間は、クラブは止まっていますが、身体は動き続けています。

結果、身体が開いてしまい、スライスなどのミスになります。

 

右の腰のあたりでタメを作るスイングは、止めましょう。

 

タメを作らないスイングの方法が分からない方はこちらをご覧ください。

 

ヘッドスピードを上げる際に、『左手人差し指』に無駄な力が入る

 

アドレスでグリップした時点では、『右手の小指』に力が入っています。

逆に、ダウンスイングでクラブヘッドを加速させる時は、『右手の小指』の力は徐々に抜けていきます

 

このときに、『左手の人差し指』はどうなるでしょうか?

『右手の小指』の力が抜けていくほど、逆に『左手の人差し指』は力が入ってしまいます。

 

なぜかというと、『右手の小指』の力が抜けていくと、クラブが飛んでいってしまいそうな感覚に陥ります。

それを恐れるあまり、『左手の人差し指』に力が入ってしまうのです。

 

これは、『左手の人差し指』だけを使って、タメを作っている状態になります。

結果、思ったほどクラブヘッドが加速せず、スライスなどのミスになります。

 

スイング中の『左手人差し指』は、常に力が抜けていないといけない

 

スイング中にグリッププレッシャーが変わりすぎると、スイングが安定しません。

特に、『左手人差し指』に力が入ると、スイングを止めてしまいます。

 

スイング中は『左手の人差し指』の力を、出来る限り抜いておきましょう。

 

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - グリップ