ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

切り返しで左足かかとを踏み込んではいけない【ゴルフスイング基本】

      2016/04/03

heel

あなたは、切り返しをどのように行なっていますか?

腰から?左肩から?など様々だと思います。

本ページでは、切り返しを左足かかとで行なってはいけない理由についてご説明致します。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

切り返しで左足かかとを踏み込んではいけない1つ目の理由は?

 

それは、左足かかとを踏み込んではいけないかという1つ目の理由は

体重が左に移動してしまうからです。

左足のかかとを踏み込んだ時点で、これ以上体重移動が終了しています。

 

体重移動を使う最高のタイミングは、インパクトです。

体重移動を使うことで、インパクトでボールを押し潰すことができるのです。

体重移動が終わったら、後は腕の力を使うしかありません。

これが、本当の手打ちです。

 

左足かかとの踏み込みが大きければ大きいほど、腕は遅れてくることになり、

結果、フェース面を正確に戻すことがむずかしくなり、ミスへとつながります。

 

切り返しで左足かかとを踏み込んではいけない2つ目の理由は?

 

それは、スイング軸が曲がってしまうからです。

 

左足かかとを踏み込むと、体重が左に移ります。

そこで、スイング軸を保とうとした場合、頭を動かさないようにガマンします。

しかし、頭はガマンできても、下半身だけは左へ動いてしまいます。

 

結果、頭・上半身は右、下半身は左となり、右に傾いたくの字型のスイング軸になってしまいます。

これだけ軸が動くと、様々がミスが出るのは言うまでもありません。

 

では、どのような切り返しが良いのか?

 

それは、切り返しでは出来る限り、体は動かさず、腕だけで行なうということです。

体を動かす = 体重が移動しやすいということになります。

切り返しは、腕だけを使い、優しく行なうことが重要です。

 

また、左足かかとを踏み込めるということは、

バックスイングの時点で左足かかとが浮いている状態にあります。

 

左足かかとが浮くようなバックスイングは、フォローで右足かかとが浮いてしまいます。

体を使いすぎたバックスイングだと思われますので修正が必要です。

 

まとめ

 

・左足かかとで切り返しを行なうと、ミスを生む

・インパクトで体重移動が使えない。結果、インパクトが手打ちになる。

・下半身だけがターゲッ方向に動き、結果、スイング軸がくの字型になり、良くない。

・バックスイングの時点で左足かかとが浮いており、体を使いすぎて良くない。

・正しい切り返しは、腕だけで優しく行なう。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - トップ・切り返し