ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】バックスイングで左肘が曲がる原因と直し方

      2016/04/03

左肘

バックスイングで左肘が曲がってしまう一番の原因は、

バックスイングが小さくなっているからです。

 

バックススイングが小さいとはどういうことかわかりますか?

それは、バックスイングでの手やグリップが、上方向にいってしまっているということです。

ということは、手やグリップが体に近い位置にあります。

バックスイングの形が、縦長になってしまっているということになります。

 

正しいバックスイングの形は、横長になっていないといけません。

手やグリップは、体の右横方向に離れていなければなりません。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

アドレスがハンドファーストだと、左肘が曲がりやすい

 

・ハンドファーストのアドレスになっている

ハンドファーストのアドレスは、手やグリップが体の中心より左側にあります。

右の手首は曲がっており、右手甲は上を向いています。

 

このハンドファーストアドレスの状態からバックスイングをすると、

・トップの位置が高い

・早い段階から上に上がっていく

・手やグリップが体に近い      という状態になります。

 

アドレスで左肘を伸ばしていても、

バックスイングの早い段階で腕が上がっていくと、あるところで腕がそれ以上上がらなくなります。

次になにが起こるのかというと、肘から先だけが上がっていこうとします。

結果、左肘が曲がります。

 

スポンサードリンク

コックを大きく使う人は、左肘が曲がりやすい

 

バックスイングでは、コックを使ったところから、クラブヘッドは上へと上がっていきます。

コックを大きく使う人は、クラブヘッドが早いタイミングで上がりやすいスイングです。

 

クラブヘッドが早いタイミングで上がっていくと、腕がそれ以上に上がらなくなるのも早くきます。

その後は、ハンドファーストで説明したのと同様に、肘から先だけが上へ上がっていこうとします。

結果、左肘が曲がってしまいます。

 

バックスイングで左肘が曲がってしまうことの直し方

 

以下の2点を実行することで、簡単に直すことができます。

↓下記の2つのリンクは、その方法を具体的に説明しています。

 

『アドレスをハンドレイトにする』

 

『できる限りコックは使わない』

 

この2点を行なうことで、バックスイングが大きくなり、手やグリップが体から離れていきます。

バックスイングが横長になります。

 

バックスイングが横長になれば、左肘がターゲットの後方に伸びていくことから、左肘は曲がらなくなります。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - バックスイング