ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】フォローで左肘が引けてしまう原因と直し方

      2016/04/03

 

左肘が引ける

あなたは、フォローで左肘が引けていませんか?

フォローで左肘が引けてしまうのは、左肘の行き場がなくなるから起こるものです。

これは、今までのスイングで染み付いたものがあり、なかなか直らないという方が多いです。

しかし、このページを読めば、簡単に直すことができると思いますよ。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

フォローで左肘が引けてしまう人の特徴とは?

 

フォローで左肘が引けてしまう人の特徴は、大きく3つあります。

 

・アウトサイドインのヘッド軌道になっている

 

アウトサイドインのヘッド軌道とは、

クラブヘッドが自分より離れたほうから入ってきて、インパクト以降は自分の体に引きつける動きです。

インパクト以降に自分の体に引きつけると、左腕の行き場がなくなり、左肘が曲がっていくのです。

 

・インパクトの手前で左の手首が伸びている

 

左の手首が伸びているということは、これ以上左の手首は使うことができません。

その結果、今度は左肘を動かして、スイングの力を吸収しようとします。

 

・バックスイングで左手甲が上を向く横振りのスイング軌道

 

体の回転でバックスイングしてしまう人は、スイング軌道が低くなる傾向にあります。

スイング軌道が低くなると、クラブを寝かせることになり、左手甲が上を向くスイングをします。

左手甲が上を向いているということは、手首も伸びているため、フォローで左肘が行き場をなくします。

 

スポンサードリンク

フォローで左肘が引けてしまう3つの原因は、何が悪くて起こるのか?

 

原因は2つあります。

 

・体の回転が大きすぎる

体の回転が大きくなると、横振りのスイングになります。

横振りのスイングは左手の甲が真上を向き、手首が伸びた状態になります。

 

・アドレスがハンドファーストになっている

ハンドファーストのアドレスは、左手首が伸びた状態でアドレスします。

グリップ位置が体の中心より左側にあることから、インパクト以降にグリップが左に流れやすいです。

また、グリップが体の中心より左側にあるということは、バックスイングがアウトサイドに上がりやすくなります。

 

ハンドレイトで構えれば、フォローで左肘が引けるクセは直る

 

ハンドレイトで構えるメリットは、以下のとおりです。

・左手首が曲がり、柔軟になる。

ハンドレイトのグリップは、右太ももの前にあるため、左手首は曲がることになります。

手首が曲がった状態を維持してバックスイングをすれば、左手甲が真上を向くことはありません。

 

・体を大きく回さなくてもバックスイングができる。

ハンドレイトのグリップは、ハンドファーストよりグリップ位置がターゲット後方寄りにあります。

始めから、ターゲット後方にあるので、バックスイングがやりやすいのです。

結果、大きく体を回す必要がありません。

 

左肘が引けないハンドレイトのアドレスの具体的な方法

 

・グリップは体の中心より右側で、体から少し離れる

・クラブヘッド・シャフト・グリップ・右手が一直線にならび、ターゲット方向に対し90度になる

 

ハンドレイトのアドレスをすれば、

・左手首が曲がることで、柔軟になる。

・体を回さずとも、ターゲット後方に真っすぐ上げることができる。結果、アウトサイドインにならない。

 

まとめ

 

・フォローで左肘が引けてしまう人の特徴は、

『アウトサイドイン軌道』『手首が伸びている』『スイング軌道が横振り』

・原因は、『アドレスがハンドファースト』『体の回しすぎ』

・ハンドレイトアドレスなら、これらの問題を解決できる

・ハンドレイトアドレスは、『手首が柔軟になる』『バックスイングが簡単』になり、フォローで左肘が引けなくなる

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - フォロー・フィニッシュ