ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

コースデビューの基本知識【保険、水分補給、ルール・マナー】

      2016/04/04

doctor-1010903_640

コースデビューで気をつけることは、以下の3点です。 

・保険に加入する 

・水分・栄養補給 

・他人に迷惑をかけない 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ゴルフデビューは危険がいっぱい。必ず『ゴルファー保険』に加入する 

 

ゴルフは趣味の感覚で行なっていると、大変なことになる場合があります。 

ゴルフボールは大変に固く、相当なスピードで飛んでいくため、

相手に怪我や後遺症を負わせるだけではなく、最悪の場合は死につながることもあります。 

 

そのような場合のために、必ず保険に加入してください。 

1年間で数千円程度で加入でき、事故発生時の相手への保証ができます。 

又、保険によっては、自分の怪我の保障や、クラブが破損した場合の保障もあります。 

 

保険会社により内容が異なりますので、ご自身でご確認されてください。 

 

スポンサードリンク

水分・栄養補給の準備の重要性にゴルフ初心者は気付いていない

 

ゴルフは前半9ホール・後半9ホールの全18ホールを回ります。 

上級者の方だけで回るのであれば、9ホールを2時間程度で回ります。 

しかし、初心者ばかりだと、9ホールを3時間以上かけて回ることがあります。 

 

水分・栄養補給は、前半に1つ・後半に1つある「茶店」で行ないます。 

茶店には、飲み物の他、おにぎり・おでんなど様々なものがあります。 

支払いは、スコアカードの番号を提示することで、帰りの際に精算が可能です。 

ゴルファーにとっては、非常にありがたい存在です。 

 

しかし、「茶店」は必ずしも開いているとは限りません。 

休みだったり、そもそも茶店がないゴルフ場だったり、

コースの途中に自動販売機だけ置いているゴルフ場などもあります。 

 

ラウンド前に、最低でも2本のペットボトルを準備してください。 

夏場のラウンドは前半2本でも足りない場合も多々ありますが・・・ 

加えて、500円程度の小銭と、飴・チョコレートなどの糖分なども準備してください。 

 

初心者はただでさえ疲れるのに、3時間飲み物なしは地獄ですよ。 

 

ゴルフ初心者はルール・マナーを上級者に聞く・事前に勉強する

 

ゴルフは紳士のスポーツです。 

ルールはルールブックを見ればわかるのですが、初心者がわからないのはマナーのほうです。 

マナーについては、ラウンドをこなさなければわからないことも多いです。 

 

ですから、自分が初心者であるということを、他の方にも伝えておいてください。 

そうすれば、先輩方がいろいろと教えてくれると思います。 

 

主なマナーを記載しておきます。 

・隣のホールに打ち込んだなど、人に当たる恐れがある場合は「ファー」と叫ぶ 

・他の人が打つ時は、静かにする 

・自分が打つ前に前方の状況を確認し、前の組の人に当たらないかを確認する 

・地面の芝が取れてしまった・場合、元に戻す 

・バンカー内で打ったあとは、打った箇所・自分の足跡をレーキでならす 

・グリーン上は走らない 

・他人のパットのラインを踏まない・自分の影が入らないようにする 

・他人がパットを打つ時は、動かない・後ろに立たない 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - ルール・マナー