ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

スウェーや腰の回転はインパクト直後から【ゴルフスイング】

      2016/04/04

golfers-850649_640

ゴルフスイングでの腰はどのように使うのか?

回転、スウェー、スライドなど、全部ダメです。

 

正しい腰の使い方は? 

インパクトを終えるまで、出来る限り腰を動かさないことです。 

そうすることでスイング軸が安定し、腕を振りやすくなります。 

 

そして、インパクトした直後から腰を動かすことで、

左足へと自然に体重移動が行なわれ、結果、力強いボールを打つことができます。 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ゴルフスイングを腰で打っている人は、どのような状態か? 

 

それは、常に振り遅れの状態です。 

フェースの向きがバラバラなため、方向性が安定しません。 

 

そして、インパクト前に腰がスライドして、体重移動の力を使ってしまうという勿体ない状態です。 

又、腰でスイングする人は、練習場では良いボールが打てても、実際のコースではそうはいきません。 

 

スポンサードリンク

1つ目の理由は、腰を動かしすぎることで、体幹が回りすぎます。 

 

なぜ、腰でスイングをしてはいけないのか? 

1つ目の理由は、腰を動かしすぎることで、体幹が回りすぎます。 

そして、クラブヘッドがものすごくインサイドに入ってきます。

 

ゴルフは回転運動だからそれでいいじゃないかと思う方もいるかもしれません。 

しかし、上級者はそのような考え方ではありません。 

 

上級者はインパクトの周辺を直線で考えています。 

上級者ほど、出来る限り飛球線に対して、まっすぐテイクバックがしたいんです。 

 

2つ目の理由は、腰を動かしすぎると、スイング軸がブレやすくなります。 

 

スイング軸がブレると、腕を思いっきり使うことができません。 

ヘッドスピードを効率よく上げるのは、一番は腕です。 

腰だけではヘッドスピードを上げることできません。 

 

クラブヘッドを正確にボールまで持ってくるためには、腕だけで行なうこと一番簡単です。 

腰を回すと、肩や胸も回ってしまい、その状態で腕を振ると、スイングが複雑になり難しくなります。 

 

3つ目の理由は、インパクトの前に体重移動を使い、大変勿体ないです。 

 

インパクトの時に体重移動を利用すれば、ボールは簡単に飛んでいきます。 

しかし、腰で打った場合は、インパクト前に左足への体重移動が完了するため、

インパクト時点では単なる手打ちになってしまいます。 

 

4つ目の理由は、腰が先行しすぎて、振り遅れてしまうということです。 

 

クラブヘッドがトップにある状況でまず腰の回転させたらどうなりますか? 

この時点で腰の回転力と体重移動は使い切った状態になり、もう使えません。 

残るは腕の力だけで、これだけではボールに当たり負けてしまいます。 

 

また、振り遅れを取り戻すために、強引なアームローテーションや、

リストターンを使ってしまい、チーピンや引っかけの原因になります。 

 

また、振り遅れた場合は、スライスやプッシュアウトの原因になります。 

 

5つ目の理由は、コースには様々な状況があり、必ずしも腰で打つことが出来ない。 

 

ゴルフコースは、腕だけで打たなければならない状況はいくらでもあります。 

腰で打つことが出来るのは、練習場ぐらいなものです。 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - フォロー・フィニッシュ