ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

『インパクト直後なら動いてOK』スイング中の腰のガマンと使い方/ゴルフ

      2016/04/04

golf-671445_640

腰を切る・回転・スライドで飛ばすなどと、様々言われていますが本当にそうなんでしょうか? 

一般的なスイング理論はこうです。 

 

まず、テイクバックを腰で行ないます。 

そして、トップの位置に来たら、

・腰を飛球線方向にスライドさせる

・右の腰を回す

・左の腰を後ろ側に回す      などの方法で、切り返しを行ないます。

             ↓

切り返しの際、腕とクラブはトップの位置に残したままにすることで、

上半身と下半身の捻転差が出来上がり。

 

このように、一般的なスイング理論は、体や腰を使ったボディーターンスイングです。

 

しかし、体や腰を使うということは、体が先行し、クラブが遅れて入ることになります。 

結果、スライスになったり、シャンクになります。

 

そこで次にやる事は、開いたフェースを真っ直ぐに戻すために、

手で強引にフェース面を合わせようとします。 

 

その結果、急激なフェースローテーションによるチーピンや引っかけとなります。 

 

腰を動かすのは、インパクト直後からです。

ボディーターンスイングはやめましょう。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

インパクト直後まで腰を動かさない

↓まずは、こちらの動画をご覧ください。

 

インパクト直後までは、腰を回してはいけません。 

これは、バックスイング・ダウンスイングの時は、特に気をつけて、止めていないといけません。 

 

スポンサードリンク

インパクトまで腰を使いたくない。だから、テークバックは手打ちをする。

 

バックスイングは、始動から注意が必要です。

バックスイングの始動は、腰からではなく、腕でおこないます。 

 

バックスイングを腰で始動すると、体重がすぐに右へ移動します。

その反動で、ダウンスイングでも、早いタイミングで左に体重が移動してしまい、大変もったいないです。

体重移動は、インパクトまで残しておきましょう。

 

また、腰でバックスイングを始動すると、インサイドにクラブヘッドが入りすぎます。

結果、極端なインサイドからのダウンスイングになり、ミスの原因となります。

正しくは,腕だけを使い、ターゲットと反対方向にまっすぐ上げていくことです。 

 

インパクトまで腰を使いたくない。だから、切り返し・ダウンスイングも手打ちをする。

 

切り返し・ダウンスイングも、腕だけでおこないます。 

やってはいけないのが、

切り返しを腰からスタートすることです。

腰が動くと、左足に体重が移動してしまいます。 

体重移動の力をインパクトまで残しておきたいので、ここでも腰は使ってはいけません。

 

インパクト直後から腰を動かすことが、体重移動のベストタイミング

 

インパクト直後に腰を動かせば、

体重移動の力も利用することが可能なため、大幅な飛距離アップが望めます。 

 

もう1つのメリットは、

腰を動かさないことにより、スイング中に軸が動きにくくなります。

軸が動きにくくなれば、クラブヘッドを正確に動かすことができます。

結果、ミート率・方向性もアップします。

 

まとめ 

 

・テークバックは手から始動 

・切り返し・ダウンスイングも手で行なう

・インパクト直後までは腰を回さない

・インパクト直後に腰を動かせば、体重移動の力も利用し、飛距離アップ

・また、インパクトまで腰を動かさなければ、軸も動きにくい。結果、ミート率・方向性もアップ

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - フォロー・フィニッシュ