ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフレッスン】アイアンの打ち方のコツ基本動画【距離打ち分け】

      2016/04/20

アイアンで大事なことはなんでしょうか? それは、距離を打ち分けることです。 

距離を打ち分けるということはどういうことか? 

そのクラブで想定される距離にボールを止めることです。 

 アイアンの番手間の距離は、体力・技術・クラブ性能により違いはありますが、7〜15ヤードぐらい。 

 

一般的なゴルフ理論では、ドロー回転の高さを抑えた球筋で、ランを出して飛距離を出すなどと言っています。 

しかし、それではアイアンの距離感が安定しませんよね。 

低いボールでランが出るということは、グリーンに乗ったとしてもボールが止まらないですよね。 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

アイアンの弾道のイメージは?

 

普通に打っても、自然に高さのあるボールが出るということが重要です。 

回りの方と比べて、明らかに高いボールが出ていればオッケーです。

 

次にアイアンの練習方法をお教えします。 

スポンサードリンク

まずは、ピッチングウェッジを使ったアプローチのハーフスイングの練習です。 

 

高いボールを打つからといって、アドレスの時点でフェースを開いたり、

インパクトでボールをすくい上げるような動きはいけません。 

あくまで、フェース面に乗せて運ぶことを意識してください。 

 

コツは、フェースターンは絶対にしてはいけません。 

 

↓まずは、この動画をご覧ください。

フェースターンは、ドロー回転で低い弾道のランの出るボールなりますので、絶対にしないでください。 

 

その後は、膝→腰→胸→肩→頭 →フルショットと、徐々に振り幅を大きくしてください。         

そして、徐々にP→9→8…と番手を上げていっても、同じようにフェース面にボールを乗せる感覚で打ってください。 

 

ハーフスイングで低いボールしか打てない人は、どのクラブを振っても基本的には低いボールになります。 

 

ランニングアプローチなどの低いボールが打ちやすい人は、高いボールを打つことが苦手かと思います。 

 

次に、PWや9番アイアンなどのシャフトの短いクラブでは高いボールが打てるが、 

3番・4番アイアンになると高いボールが打てない人は、何が原因でしょうか? 

 

それはアドレスに問題があります。 

アドレスがハンドファーストになってしまっていることが問題です。 

ハンドファーストの構えは、基本的には低いボールを打つときの構え方です。 

高いボールが打ちたいなら、ハンドレイトのアドレスに慣れなければいけません。

 

あなたが、3番・4番アイアンで高いボールを打てるようになったときは、 

すべてのクラブが上手く打てるようになっていると思います。  

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - 球が上がらない