ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフレッスン】アイアンを正しいインパクト・スイングで打つ方法

      2016/04/03

iron-impact

アイアンでの正しいインパクトとは、『ボールを潰すこと』だということは見ていただいたと思います。

では、インパクトでボールを潰すためには、どのように打ったら良いかを具体的に説明したいと思います。

↑『アイアンでの正しいインパクト』をご覧になられてない方はこちらから

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

直線軌道で打つためには、ハンドレイトで体を回さない

 

直線軌道で打つためには・・・

体を回して打つということをやめなければならない。

体を回して打つということは、円軌道のスイングになりますので、やめてください。

 

腕でテークバック・ダウンスイング

ハンドレイトで構えることで、グリップが体から少し離れます。

そうすることで、体の回転の影響を受けることなく、腕だけでスイングできます。

 

スポンサードリンク

インパクトと同時に、体重移動を使う

 

テークバック・ダウンスイングは腕だけで行ないますが、それだけではボールを飛ばすことはできません。

インパクトでは、体重移動を利用します。

体重移動を利用するといっても、インパクトと同時に左に動くということではありません。

インパクトまで体重移動をガマンし、インパクトと同時にクラブの勢いに引っ張られ、勝手に移動します。

 

体重移動をガマンするためには、体はできるかぎり動かさないことです。

テークバック・ダウンスイングの間は、腰・胸などを回転をがまんし、

軸ができるかぎり動かないようにすることができれば、インパクトで体重移動を利用することが可能となります。

 

フェースターンをしないで打つ

 

フェースターンをしないことで、ボールに対し、長い時間圧力をかけることができます。

結果、ボールを押し潰すことができることになり、

又、ボールをターゲット方向に押し出すように打つことができます。

 

ヘッド軌道を緩やかにする

 

『直線軌道で打つ』『体重移動を使う』『フェースターンをしない』

この上記3点が出来るようになれば、緩やかなヘッド軌道でもボールを潰すことができます。

また、緩やかな軌道で打つ為に、一番やってはいけないのがコックを使うことです。

上から打ち込むこととなる原因となり、ボールに力を伝えることができません。

 

最後に、シャフトの逆しなりを使うことが出来れば、完璧です。

↑シャフトの逆しなりについては、こちらからご確認ください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - インパクト