ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

インパクトのヘッド軌道はドライバーもアイアンも【ハンドレイトで直線】/ゴルフスイング

      2016/09/26

golf-881332_640

あなたがストレートのボールを打つときのヘッド軌道は?

一般的には、ストレートボールのスイング軌道は、インサイドインと言われています。

あなたもインサイドインを意識して、練習場などで打たれていると思います。

 

これは決して間違いではありませんが、

意図的にインサイドインの軌道を作った場合は、チーピンや引っ掛けの原因になります。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ストレートボールを打つための正いヘッド軌道とは?

 

正解は、ストレートtoストレートの意識でヘッド軌道を作ることです。

 

スポンサードリンク

なぜ、ストレートtoストレートの意識でヘッド軌道を作るのか?

 

ゴルフスイングは、体を中心としてクラブを振ります。

ですから、ストレートtoストレートの意識でクラブを降ったとしても、自然にインサイドインの軌道になるのです。

 

インサイドインの意識でヘッドを起動を作った場合はどうなるのか?

 

テイクバックの際、腕を使ってインサイドにクラブをあげることになり、結果、極端なインサイドになります。

 

なぜ、極端なインサイドになるのか?ストレートtoストレートで打てないのか?

 

それは、腕につられて、胸、腰、膝も一緒に回るからです。

あなたが思っている以上に、クラブはインサイドに入っています。

 

極端にインサイドに入っていると言える根拠は?

 

では、これを試してみてください。

 

まず、直立して、おへその前でクラブを握ってください。

その時、クラブは地面と平行の状態にしてください。

そのままの状態で、胸をほんの少しだけ右に向けてください。

5センチ程度だけ、右を向けば充分です。

 

その時、クラブヘッドの位置はどこにありますか?

 

斜め45度ぐらいにありますよね。

 

そうなんです。

ほんのちょっとだけしか動いていないのに、クラブヘッドは大きく動いているんです。

それは、自分の体と離れたところに、クラブヘッドがあるからです。

 

インパクト周辺でストレートtoストレートを作るにはどうすればいいのか?

 

アドレスでは、ハンドレイトに構える。

          ↓

そして、腕を使って、飛球線後方にまっすぐクラブヘッドを上げていきながら、体も回す。

          ↓

動きの比率は、腕7:体3。クラブは体から離れていきます。

          ↓

そうすることで、目標に対し、ストレートなボールが打てるようになります。

 

ゴルフはターゲットを狙うスポーツです。

極端なインサイドインで打っていては、方向性は望めませんよ。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - インパクト