ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【女子プロのゴルフスイング動画】イ・ボミのアプローチはボールの手前まで

      2016/09/18

説明の前にもう一度、イ・ボミ選手のアプローチのユーチューブ動画を見てみましょう。

見るのは、中盤ぐらいからでいいですよ。

前のページで、イ・ボミ選手のラフからのアプローチの動画、その前半部分を見て頂きました。

このページでも引き続き、同じ動画の後半部分を見てみたいと思います。

後半部分の動画は、正面から撮影された動画です。

 

正面からの部分も見て頂きたいポイントがあるので、ご説明致します。 

 

スポンサードリンク

スイングはインパクトの手前で終わっていて、インパクト・フォローは流しているだけ

 

まず、スイング軸が真っすぐでブレがないということは、

このレベルになると当たり前なのでとくに触れません。

また、左右の手首の角度が変わっていないことも、基本なので説明しません。

 

一番見て頂きたいのは、

スイングがインパクトの手前で終わっているということです。

そして、インパクトとフォローは流していて、何もしていないのです。

 

もう少し詳しく説明します。

 

スポンサードリンク

まず、イ・ボミ選手の右上からの動画でクラブヘッドの入る位置をみてください。

 

クラブヘッドを入れる位置がボールのかなり手前であることがわかりますか?

ボールの手前15センチぐらいのところから入っているのがわかりますか?

 

アプローチが苦手な方の場合は、

まず、ボールの15センチぐらい手前にクラブヘッドを入れるということができません。

アマチュアゴルファーは、ボールを直接打ちにいってしまいます。

 

とくに、動画のようにラフの深い場面では、

ボールを直接打たないとラフに負けてしまいそうに感じます。

 

次に正面からの映像で見て頂きたいところですが、

 

クラブがラフに入った時点で、クラブヘッドが最下点を迎えています。

これは、クラブがラフに入ったときに右手が一番伸びており、

そこから以降は徐々に身体が回っています。

 

 

これは、クラブヘッドがラフに入った時点でクラブヘッドに力が伝わっていますので、

それ以降は身体を回しているのではなくクラブヘッドの惰性で動いているだけなのです。

 

正しいアプローチのスイングスピード・距離感の調整方法とタイミングは?

 

まず、スイングの最下点は、ボールの15センチぐらい手前にあるということを解ってください。

 

その最下点で、ヘッドスピードを最高にしてください。

ここで、ヘッドスピードがきまり、アプローチの距離感も決まります。

 

アプローチが苦手な方の場合は、

ボールにインパクトする時点で、スイングスピードなどを調整しようとします。

しかし、それでは遅いのです。

 

最下点でヘッドスピードが最大にするには、シャフトが真っすぐになっていることが重要です。

アプローチでも、フルショットでも、最下点ではシャフトは真っすぐです。

 

その後は、ボールの手前15センチから、クラブヘッドが平行に動き、ボールにヒットします。

 

これができると、アプローチがオートマティックに打てるようになります。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - アプローチ