ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ゴルフクラブを縦振りすれば、ちょうどいい横振りになる

      2016/04/03

 

縦振り横振り

ゴルフスイングというのは、体を中心としたクラブの動きです。

結果、ゴルフスイング全体で考えると、ヘッド軌道は横の動きになります。

しかし、横に振ることを意識しすぎると、ヘッドが落ちすぎて、すくい打ちの状態になります。

 

正しいゴルフスイングは、縦振りで振ることで、結果、ちょうどいい横振りになるのです。

その理由がわかりますか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ゴルフクラブのヘッドが重りになり、クラブヘッドが下がりやすい。

 

ゴルフクラブというのは、先端にクラブヘッドがついています。

クラブヘッドがついているということは、これが重りになります。

シャフトの先端についていることで、実際の重さよりも重たく感じます。

 

棒の先端に重りがついている状態で、横に振るとどのようになりやすいでしょうか?

重りがついている分、下に落ちやすいですね。

 

スポンサードリンク

ゴルフクラブはバックスイング開きやすい

 

クラブヘッドの重量は、フェース面の後ろ側に厚みがあります。

フェース面の後ろ側のほうが重たいのです。

ですから、ゴルフクラブはフェースが開きやすい構造なのです。

 

横振りで振った場合、フェース面が開いていくことで、

フェース面の後ろが下方向に向きます。

結果、ヘッド軌道が下に落ちやすくなります。

 

体は背骨を中心に横にしか回らない

 

これは、体の構造上当たり前のことなんですが、体は背骨を中心に横にしか回りません。

背骨を中心に縦に回るということはありません。

 

スイング中は前傾をしているので、真横に回るわけではありませんが、

元々から横に回るんだということを覚えておいてください。

 

縦に振ることで、ちょうどいい横の振りになる。

 

『ゴルフクラブ』『クラブヘッドの構造』『体の構造』の3点から、

ゴルフクラブを横に振ると、クラブヘッドはすごく下に落ちやすいのです。

この3点を無視して、クラブヘッドを横に動かすと、ヘッド軌道が下に落ちます。

 

正しい横振りとは、ゴルフクラブを縦振りのイメージで振ることが大事なのです。

ゴルフクラブを縦に振れば、ちょうどいい横振りになります。

 

結果、スイングプレーンにクラブヘッドが乗ることになりますので、意識して縦に振ってください。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - スイング全体