ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

フック・チーピンの原因はストロンググリップに【ゴルフグリップ基本】

      2016/04/03

grip

フック・チーピンとなる原因は様々ありますが、

ここではグリップが原因となっている場合について説明したいと思います。

 

フックとは、ボールが真っすぐ飛び出した後に、左に曲がる球筋です。

チーピンとは、ボールがターゲットより左に飛び出した後、さらに左に曲がる球筋です。

両者に共通しているのが、ボールに左の回転が掛かっていることから、後でボールが左に曲がるということです。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

フック・チーピンの原因は、グリップの握り方が問題ではない

 

ストロンググリップの特徴は、以下の2点です。

・バックスイングでリストターンをしないで上げれる

・ダウンスイングでリストターンがしやすい

 

ウィークグリップの特徴は、以下の2点です。

・バックスイングでリストターンがしやすい

・ダウンスイングでリストターンをしないで下ろせる

 

以上の2つのグリップ方法に共通することは、スイング中のリストターンのタイミングが違えど、

両方ともリストターンをしているということです。

ボールに左回転が掛かっている理由は、インパクトでのリストターンにあります。

 

左回転がかかりにくいグリップはどちらかと言えば、

ダウンスイングでフェースターンをしないウィークグリップです。

しかし、ウィークグリップでもバックスイングでフェースターンをしているので、

ダウンスイングでも少なからずフェースターンをしています。

 

どちらでもフェースターンをするため、グリップが原因ではないということです。

ですから、インパクトでフェースターンをしなければ、グリップはどちらでも良いのです。

要するに、テークバックとダウンスイングの両方でフェースターンをしなければ、

インパクトでもフェースターンをしないということです。

 

スポンサードリンク

フェースターンをしてインパクトしてしまう理由は?

 

その1つ目の理由が、リストターンをすることで、ボールを捕まえるという考え方です。

アマチュアゴルファーは、スライスが多いです。

そのスライスの原因を、リストターンができていないからだと考えています。

その結果、リストターンをしすぎて、フック・チーピンとなります。

 

これは、ボディーターンを主体としたスイングがもたらす間違った考え方です。

ボディーターンをすればするほど、クラブヘッドがインサイドに入ります。

インサイドに入るということは、フェース面が大きく開きます。

それをカバーするために、リストターンを行なうのです。

 

もう1つの理由が、リストターンをしたほうがボールを飛ばせると思っているからです。

クラブヘッドがダウンスイングで下りてくる力に加えて、

インパクトでリストターンをすれば効率が良いと考えます。

しかし、これではボールを押し潰しているというよりは、ボールを擦っている状態になり、回転がかかるだけです。

 

卓球のスマッシュを思い出してください。

ボールをインパクトするときに、ラケットのフェースを被せて、ボールに回転をかけます。

ボールが飛び出す瞬間はスピードがありますが、その後はボールは落ちていきます。

ボールは押し出すように打つことで、ボールが潰れて、効率よく飛んでいくのです。

 

インパクトでリストターンをしない方法とは?

 

まず、グリップの握り方はストロング・ウィークのどちらでも良いですが、

できることなら、ニュートラルグリップ(ストレートグリップ)をおすすめします。

ニュートラルグリップとは、ストロングとウィークの中間のグリップです。

ニュートラルグリップは、変なくせが出にくいグリップです。

 

そして、バックスイングを腕だけで行なうことです。

体を回さずに、腕だけでターゲットの真後ろに真っすぐ上げてください。

その際に、リストターンをせずにバックスイングをすることがポイントです。

 

リストターンをしないでバックスイングが出来れば、

ダウンスイング・インパクトでもリストターンが出にくくなります。

あとは、インパクトでボールを押し出すことができれば、ボールは簡単に飛んでいきます。

リストターンをしないスイングを覚えましょう。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - フック・チーピン・引っ掛け