ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】チーピン・フックの原因となるフェースターンと直し方

      2016/04/03

turn

フェースターンで打つということは、現在のゴルフスイングの主流になっていると思います。

フック・チーピンが出るということは、フェースターンが多すぎたからだと考える人がほとんどです。

確かにそうなんですが、人間は機械のように毎回正確な動きができません。

では、フック・チーピンが出ないようにするには、どうしたら良いでしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

フェースターンをすることが正しいのか?

 

フェースターンをすることは、そもそも正しいのでしょうか?

 

フェースターンをするスイングのデメリットとしては、

タイミングが合わない場合、様々な方向に飛んでいくということです。

タイミングが早ければ、左に飛んでいき、フック・チーピンになります。

逆に、タイミングが遅ければ、右に飛んでいき、スライスやプッシュスライスになります。

 

ゴルフスイングのインパクトの瞬間は一瞬です。

一瞬のことですから、目で正確に合わせることは不可能です。

感覚に頼るしかありません。

しかし、あまりにも一瞬の出来事なので、感覚でも正確にフェース面を合わせることは難しいです。

 

フェースターンをしなければ、正確にボールが打てると思いませんか?

 

スポンサードリンク

フェースターンを使ってしまう原因とは?

 

しかし、ほとんどの人が、フェースターンをしなければ打てないと考えています。

 

1つ目の理由は、フェースターンをすることで、ボールを遠くに飛ばすことができると思っているからです。

しかし、それは違います。

フェースターンをすれば、ヘッドスピードは上がりますが、固いゴルフボールに当たり負けしてしまうのです。

 

2つ目の理由は、フェースターンをしないとスライスしてしまうと思っているからです。

これは、ボールをインパクトするときは、インサイドから入れないといけないと考えているからです。

インサイドから入れると、そのままではフェースは右を向いていますから、

その分、フェースをターンしなければ、フェース面がターゲットを向かないからです。

 

フェースターンをするスイングを止めて、チーピン・フックから卒業

 

上記に記載したフェースターンをしてしまう動きをやめましょう。

 

1つ目の考え方は、ボールは押して飛ばすということです。

フェースターンをしなければ、ボールを長く押し続けることができます。

こちらのほうが、効率良くボールを飛ばすことができます。

 

2つ目の考え方は、クラブヘッドをターゲットの真後ろから入れてくることです。

インサイドからヘッドを入れるから、フェースターンをしなければならなくなります。

ターゲットの真後ろからなら、フェース面はターゲットを真っすぐ向いていますから、

いちいちフェースターンをして、ターゲット方向に合わせる必要がないのです。

 

フェースターンはゴルフスイングには不要です。

 

↑フェースターンをしないスイングの方法はこちらからご確認ください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - フック・チーピン・引っ掛け