ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ドライバーのチーピン・フックの原因は間違ったバックスイング(テークバック)/ゴルフ

      2016/09/26

backswing

あなたはどのようなことを意識して、バックスイングを行なっていますか?

バックスイングの時点で、スイングの半分は決まってしまうと思います。

ここでは間違ったバックスイングがフック・チーピンの原因となっていることについて、説明したいと思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

チーピン・フックの原因となる間違ったバックスイングとは?

 

それは、インサイドに引きすぎるバックスイングです。

インサイドに引きすぎるということは、スイング軌道が円軌道になります。

 

フック・チーピンの直接的な原因は、

フェース面が大きくターンすることにより、ボールに左回転がかかることです。

これは、円軌道で振れば振るほど、フェース面が大きくターンすることになります。

 

スポンサードリンク

なぜ、インサイドに引きすぎるのか?

 

それには、2つの理由があります。

その1つは、体が回りすぎているということです。

テークバックの始動を体で行なうことを意識するあまり、体が回りすぎてクラブヘッドがインサイドに入ります。

ひどい場合は、クラブヘッドが真後ろに回っている人もいます。

 

もう1つの理由は、インサイドにテークバックをするということが当たり前と思っていることです。

ゴルフスイングは、体を中心として、その周りをクラブヘッドを回っているため、そのように考えているのです。

 

まず、正しいクラブヘッドの軌道とはどういうものでしょうか?

 

それは、ターゲットの後方に真っすぐ上がっていくテークバックです。

 

ゴルフというのは、ターゲットを狙うスポーツです。

ということは、ターゲット後方から真っすぐインパクトするほうが、真っすぐ飛ぶに決まっています。

そのためには、ターゲット後方に真っすぐバックスイングすることが必要です。

 

チーピン・フックを防止するための正しいテークバックとは?

 

では、どのようにすれば良いでしょうか?

それは、ハンドレイトで構えることです。

 

バックスイングでは、少なからず体は回るため、インサイドに上がりやすいのですが、

ハンドレイトでアドレスすると、グリップ位置が体から少し離れます。

すると、体が回転したとしても、腕はターゲット後方に真っすぐ上げることができます。

 

体は横に回っても、クラブは縦に動かすことができます。

 

ターゲットの後方から真っすぐインパクトできれば、ボールを横回転が掛からず、

フック・チーピンが無くなると思います。

↑正しく腰を使ってスイングの方法はこちらをご覧ください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - フック・チーピン・引っ掛け