ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ドライバーのチーピン・フック(左のミス)の原因はトップの位置でのコック/ゴルフスイング

      2016/09/26

cock

一般的にコックを使うことで、効率よくヘッドスピードを上げると言われています。

しかし、これは様々なリスクをともなう動きです。

フックや、チーピンが出やすいという方は、特にコックが影響していることが多くあります。

ここでは、その理由についてご説明したいと思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ゴルフスイングは左右対称・上下対称ということを知っていますか?

 

この質問の意味がわかりますか?

ゴルフスイングとはたいへん面白いもので、右で起きたことが、左でも起こります。

また、上で起きたことが、下でも起こります。

 

これはどういうことかを、具体的に説明したいと思います。

例えば、バックスイングを腰で腰を回転させた場合を考えてみましょう。

すると、ダウンスイングでは、反対に左に大きく回ります。

 

スポンサードリンク

では、テークバックでコックを行なった場合、どうなるでしょうか?

 

それは、インパクトでフェースターンを使ってしまうということです。

テークバックでコックをするということは、手首を使っているということです。

ですから、インパクトでも手首を使ってしまうということになります。

 

これは、インパクトで手首を使うということは、自分の意思とは無関係になります。

インパクトで腕の力を使い、フェースターンを強制的に止めようとすることはできますが、

その反動で、他の部分が動くことになります。

 

また、コックを多く使えば使うほど、インパクトでも大きくフェースターンをするということになります。

フェースターンが多くなると、フック・チーピンの原因となります。

 

チーピン・フックを防止するフェースターンをしないインパクトの方法とは?

 

やはり、フェースターンの根本的な原因であるコックをしないということになります。

しかし、コックを使わないスイングを知らないことから、結果、コックを止められないということになります。

 

コックを使わないスイング方法をほとんどの方が知りません。

この方法であれば、フェースがターン少ないので、方向性が安定します。

そして、ボールを長く押し続けることができ、飛距離アップにもつながります。

↑コックをしない打ち方を知りたい方は、こちらをごらんください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - フック・チーピン・引っ掛け