ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】引っ掛けの原因となる間違った切り返しと直し方

      2016/04/03

hikkake

ここでは、引っ掛けの原因となる間違ったトップ・切り返しについてご説明致します。

引っ掛けというのは、ターゲット方向より左に飛んでいき、そのまま真っすぐ飛んでいくボールです。

 

引っ掛けは、良い当たりの場合が多いです。

出球がターゲット方向に真っすぐ飛んでいればナイスショットです。

しかし、当たりが良いだけに、左に飛んでいった時点でOBとなります。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

『引っ掛け』と『フック・チーピン』との違い

 

大きく違うのは、ボールの回転です。

フック・チーピンの球筋は、ボールが打ち出された後に、左に曲がっていきます。

ですから、ボールに極端な左回転がかかっているということになります。

 

しかし、引っ掛けは、ボールがターゲットより左に打ち出された後も、そのまま真っすぐ飛んで行きます。

ですから、ボールには変な横回転はかかっていないということになります。

よって、引っ掛けの場合は、ヘッドの軌道だけ直すことができれば、問題は解決です。

引っ掛けが出るということは、ヘッド軌道がアウトサイドインになっているということになります。

 

スポンサードリンク

『引っ掛け』の原因となる切り返しとは?

 

引っ掛けの大きな原因として、切り返しに問題がある場合が多いです。

 

問題の1つは、切り返しで体が開いてしまっているということです。

バックスイングを正しく行なえていたとしても、切り返しの段階で体が開いてしまって、

結果、アウトサイドインになります。

 

もう1つの問題は、トップの位置でコックを使っているということです。

コックを使うとクラブヘッドが安定しません。

結果、ダウンスイングの時にフェースが被り、ターゲットより左を向いた状態でインパクトをします。

 

切り返しで体が開くことでアウトサイドインのヘッド軌道となり、

コックの影響でヘッド軌道と同じ向きにフェースが向くため、

ターゲットより左方向に真っすぐ押し出しているということになります。

 

『引っ掛け』をしないための正しい切り返しとは?

 

まず、切り返しのときに、体を開かないことです。

体を開いてしまう原因となる、腰を切るなどのボディーターンスイングをしないでください。

正しい切り返しは、腕だけで行ないます。

 

次に、コックを使わないことです。

コックを使うと、フェースがターンしやすくなります。

結果、フェースターンが大きくなりすぎた場合、ターゲットより左を向いてしまいます。

正しいトップは、コックは不要です。

 

この2つを行なうことができれば、引っ掛けとはおさらばです。

↑正しい切り返しの具体的な方法は、こちらでご覧ください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - フック・チーピン・引っ掛け