ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】引っ掛けの原因となる間違ったアドレス(構え方)と直し方

      2016/04/03

handlate

引っ掛けとは、打ち出したボールがターゲットより左に飛んでいき、そのまま真っすぐ飛んで行くボールです。

引っ掛けがコースで出た時は、ガックリきます。

その理由として、当たりがものすごく良いからです。

出球さえまっすぐ行っていれば、今日一のボールだったかも。

引っ掛けの原因がアドレスにある場合もあることをご存知ですか。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

間違ったアドレスによる引っ掛けの原因は?

 

引っ掛けとは、ボールの出球がターゲットの左です。

ということは、クラブヘッドの軌道がアウトサイドインになっています。

このアウトサイドイン軌道ですが、アマチュアゴルファーの永遠のテーマのようになっています。

 

一般的に言われるアウトサイドインの原因は、バックスイングで肩が回っていないからだと言います。

ということで、このアドバイスを鵜呑みにしたアマチュアゴルファーは、一生懸命に肩を回すのです。

 

しかし、これが間違いなんですね。

肩が回りすぎると、今度はクラブヘッドをインサイドに引きすぎるという、別のミスが起こります。

また、無理に体を回すと、体がきつくなり、力みが発生します。

 

スポンサードリンク

正しいバックスイングとは?

 

正しいヘッド軌道とは、ターゲット後方に真っすぐ上がり、そこからターゲット方向に真っすぐ下りてくる軌道です。

ヘッド軌道が、ストレート トゥ ストレートが、正しいヘッド軌道なんです。

ということは、クラブヘッドを出来る限り、ターゲットの後方に持っていくための動きが必要です。

 

その動きを、肩をいつもより多めに回すことで、実現できると思いますか?

それは、体の柔らかい人でなければ、できません。

しかし、体の固い人でも、クラブヘッドをターゲット後方に、大きく持っていける方法があります。

それは、アドレスが関係しています。

 

正しいバックススイングを行なうための正しいアドレスとは?

 

その方法とは、ハンドレイトでアドレスをすることです。

 

ハンドレイトのアドレスとは、グリップの位置が右足太もも寄りになります。

ということは、最初からクラブ自体が、飛球線後方に位置していることになります。

結果、それほど大きく肩を回す必要がありません。

 

しかし、ほとんどの方がハンドファーストで構えています。

ハンドファーストのグリップ位置は、左足太ももの前です。

ということは、大きく肩を回さなければ、ターゲット後方にクラブヘッドを持っていくことができません。

 

朝一や、疲れが溜まってきた場合は、肩が回りにくい状態となります。

体が固い状態では肩が回りませんから、

ハンドファーストのアドレスではクラブヘッドをターゲット後方に持っていくことはできません。

しかし、ハンドレイトであれば、体が固い状態でも、十分にターゲット後方に持っていくことができます。

↑ハンドレイトの具体的な方法は、こちらからご確認ください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - フック・チーピン・引っ掛け