ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ボールを潰した後の復元力を使え】ドライバー飛距離アップは簡単/ゴルフスイングのコツ

      2016/09/26

ドライバー飛距離

あなたはドライバー(フェアウェイウッド)の飛距離アップをするために、

どのようなことを工夫していますか? 

『ヘッドスピードを上げること』『ミート率を高める』という2点について、

間違った認識を持っている方がほとんどです。 

 

ドライバー(フェアウェイウッド)のヘッドスピードを上げる方法としては、

『腰を素早く切って、これにフェースターンのスピードも合わせて』いませんか? 

『ミート率を上げると言う事は、クラブヘッドの芯で打つこと』だと考えていませんか? 

 

初心者・女性・アマチュアの方は特にヘッドスピードで飛ばそうと考えます。

しかし、プロ・上級者になると飛ばしのコツはヘッドスピードだけではないと感じているのです。

 

筋力トレーニングなどを行なうことも効果的ですが、

ここでは飛距離を効率よく伸ばすための身体の使い方を学びましょう。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ドライバー(フェアウェイウッド)のヘッドスピードはボディーターンで上がらない

 

飛距離アップのためには、ヘッドスピードを上げることが必要です。

 まず、ドライバー(フェアウェイウッド)ヘッドスピードを上げるのに、腰や体の回転ではできません。 

腰や体を回転させればさせるほど、クラブヘッドと同調せず、ヘッドスピードが上がりません。 

 

そしてミート率ですが、「ミート率 = ボール初速 ÷ ヘッドスピード」です。 

皆さんが勘違いしているのは、 クラブヘッドの芯に当たった時が、ミート率が良いと言います。 

しかしこれは違います。 

クラブヘッドの芯に当たったとしても、ボール初速が上がってなければミート率が良いとは言えません。 

 

スポンサードリンク

では、ヘッドスピードとミート率を上げる方法とコツとは? 

 

まずはヘッドスピードから。 

ヘッドスピードは、腕を使ってあげていきます。 

腰や体の回転はなるべく抑えて、スイング軸をできる限り動かさないように注意します。

 

スイング軸が安定すれば、腕・ゴルフクラブを思いっきり振っても、ヘッドスピード上げても耐えることができます。 

シャフトの長いドライバー(フェアウェイウッド)では、より重要になります。

 

ミート率は、ボール初速 ÷ ヘッドスピードということを説明いたしました。 

ヘッドスピードに関しては、スイング軸を安定させて、腕を思いっきり振ればいいわけです。 

飛距離アップには、スイング軸の安定は絶対です。

 

では、ボール初速とはどういうものでしょうか? 

 

まず、ゴルフボールが飛ぶまでのメカニズムを説明します。 

ゴルフボールはインパクトした瞬間にボールが潰れた状態になります。 

そこから、ゴルフボールが元の丸い形に戻ろうとする力(復元力)を使って飛んでいくのです。 

ですから、飛距離アップのためには、ゴルフボールは潰さなくてはならないのです。 

 

ゴルフボールを潰す方法とコツとは?

 

それは、体重移動を利用しなければならないのです。 

ヘッドスピードだけでは、ボールとの衝突した際に跳ね返されます。 

体重移動を使うことができれば、インパクト以降も長くボールを押し潰し続けることが可能です。 

 

ヘッドスピードが上がる → 飛距離アップ ×

ボールを長く押し潰す  → 飛距離アップ ○

 

まとめ 

 

・ドライバー(フェアウェイウッド)飛距離アップのコツは

 インパクト以降どれだけの長い時間ボールを押しつぶすことができるかということです。 

体の軸が安定するように、できる限り腰や体幹を回さず、腕を使ってヘッドスピードを上げる 

インパクト以降に体重移動を行う 

・腰や体を回転させるスイングは、インパクトの前に左足に体重が移動し、体重移動の力を使い切ってしまいますので絶対にしない。

・ドライバー(フェアウェイウッド)はシャフトが長いことから、これらのポイントを徹底してやらなければ、飛距離アップにはならない。

・ヘッドスピードが上がる → 飛距離アップ ×

・ボールを長く押し潰す  → 飛距離アップ ○

 

【パワーフェードの打ち方は簡単】藤田寛之のスイング動画はヒントだらけ/ゴルフ

右手の小指球で、左手親指の付け根を押す/ゴルフグリップの握り方

連載6−4【インパクトの瞬間にトゥを突き刺す?】イメージ作りがゴルフスイングの基本

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - 飛ばない