ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【打ち方は超簡単】高い弾道のドローボール打てる?/ゴルフ

      2016/04/27

高い弾道のドロー

あなたは高い弾道のドローボールを打てますか?

アマチュアゴルファーはスライスボールなどの右に曲がるボールが出やすいです。

ですから、フェードボール(打ち出した後に少し右に曲がる球)は打てるという方は多いと思います。

 

しかし、ドローボール(打ち出した後に少し左に曲がる球)を打てるという方は大変少ないです。

また、ドローボールは打てるけど、高い弾道のドローボールが打てるアマチュアは、ごくわずかです。

しかし、高い弾道のドローボールを打つことは、実はそれほど難しくないんです。

 

このあとに説明する高い弾道のドローボールが打てるようになると、

に低い弾道のドローボールのほうがむずかしく感じるかもしれません。

高い弾道のドローボールを打ちたいのであれば、

一般的なドローボールの打ち方をやめてもらわなければなりません。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ボールを包み込んで打つようなドローボールの打ち方では低い弾道しか打てない

一般的なドローボールの打ち方は、インパクトでフェースをターンさせて、ボールを包み込むように打ちます。

そうすることで、ボールに左回転をかけて、ドローボールを打とうとします。

しかし、フェースをターンさせるということは、アドレス時点よりロフトの角度が立ってしまいます。

 

結果、低い弾道のドローボールになってしまいます。

 

スポンサードリンク

フェースをターンさせて打つドローボールは曲がり幅が一定ではない

また、フェースを返して打つドローボールは、曲がり幅が安定しません。

例えば、フェースを返しすぎた場合や、返すタイミングが早すぎた場合は、

ドローではなくフックになり、もっとひどいときはチーピンになってしまいます。

 

逆に、フェースの返しが足りない場合や、タイミングが遅かった場合

ほとんど左に曲がらずに真っ直ぐ飛んでいってしまいます。

 

高い弾道のドローボールは、フェースを返さず、ヘッド軌道を変えるだけ

ショットでもアプローチに限らず、高い弾道のボールを打つ場合に共通することは、フェースを返さないことです。

これは上記で説明した通り、フェースを返すと、ロフトが立ってしまうからです。

 

もうひとつのポイントは、フェースの向きは常にターゲット方向を向いたままにして、

クラブヘッドをインサイドアウトで振るだけです。

これが高い弾道のドローボールを打つ原理です。

 

しかし、打ち方は解っても、繰り返し高い弾道のドローボールを打つためには、もう少しコツが必要です。

その点については、下記のページを読んでいただければ分かりますので、是非とも読んでください。

↑ドローボールを安定して打つにはこちらをご覧ください

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ドロー