ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ヘッドのヒールアップ・トゥダウン】が正しいインパクト!!/ゴルフ

      2016/03/15

ヒールトゥ

クラブのソール(底の部分)が地面を擦るように打つことで、滑りよくして打っていると思います。

そのときに、ソールの『どの部分で』地面を擦って打っていますか?

ソールが地面に触れる部分を間違うと、『ダフリ』になりやすくなります。

では、正しい地面の擦り方とは?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ソールのヒール側で地面を擦る打ち方はダメ

 

クラブヘッドには『トゥ』『ヒール』と呼ばれる部分があります。

『トゥ』とは、日本語で『つま先』という意味で、クラブヘッドの『先端側』をいいます。

『ヒール』とは、日本語で『かかと』という意味で、クラブヘッドの『手前側』(シャフトが刺さっている側)をいいます。

クラブヘッドを、『靴に例えている』のです。

 

『一般的なソールを擦る場所はヒール側』と言われています。

しかし、『ヒール側で擦ってはいけません』

なぜなら、『トゥダウン』が起こるからです。

 

トゥダウンとは、インパクトの周辺で『クラブヘッドのトゥ側が下に下がる動き』をいいます。

これは、『スイング中の遠心力と重力』で起こります。

 

ヒール側だけを擦ろうとしても、トゥダウンによりトゥ側も地面を擦ってしまいます。

結果、クラブの『ソール全体が地面を地面を擦る』ことになり、摩擦抵抗が大きくなります

これでは、ソールの滑りが悪くなり、ダフリになります。

 

スポンサードリンク

ヒール側は浮かせて、トゥー側を地面につけるが正解

 

ソールの滑りをよくするためには、『ヒール側は浮かせて』『トゥ側で地面を擦る』ようにしてください。

この場合でも、『トゥダウン』は発生しますが、

地面に擦っている部分が『トゥ側だけ』なので、地面の摩擦力は少なくなります。

結果、ヘッドスピードが落ちずに、簡単に振り抜くことができます。

 

『フェースの中心よりトゥ側(先端側)』でボールにインパクトするが正解

 

絶対にやってはいけないのが、

『フェースの中心よりヒール側(手前側)』で打つことです。

 

なぜなら、ヒール側は浮かせていますので、リーデングエッジがボールの赤道部分に当たります。

結果、トップになってしまいます。

 

正しいのは、『フェースの中心よりトゥ側(先端側)』でボールにインパクトすることです。

トゥ側のリーディングエッジは、ボールの赤道より下にありますので、トップのミスになりません

 

トゥ側でボールを打つために注意しなければならないことがもう1つあります。

 

↓このことについては、次のページで説明致します。

 

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - インパクト