ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

なんで勝手に?インパクトで【右足かかとが浮く】原因と直し方/ゴルフ

      2016/04/03

heel

あなたは、インパクトで右足のかかとが浮いていませんか?

右足のかかとが浮くということは、体全体が浮いてしまいます。

 

右足のかかとが浮かないスイングといえば、韓国人選手ですよね。

韓国人選手の強さは、そのあたりにあると思います。

では、右足かかとが浮く原因とその直し方について説明したいと思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

↑まずは、こちらの動画で日本人選手と韓国人選手のスイングの違いをごらんください。

スポンサードリンク

インパクトで右足かかとが浮く原因とは?

 

それは、上の動画を見て頂ければ解ったとは思いますが、

ダウンスイングの早い段階から、腰や膝が回ってしまっているからです。

プロゴルファーであれば、この打ち方で何年もやっているので、これでも良いのかもしれません。

 

しかし、韓国人プロゴルファーの強さは、ここにあります。

ダウンスイングで腰・膝が動かないことで、

・正確にクラブヘッドを持ってくることができる。

・体重移動がないので、軸がぶれない

・インパクト以降に体重移動となり、ボールに圧力をかけることができる

などなど、様々なメリットがあります。

↑こちらの動画は、韓国人プロゴルファ−のお手本スイングです。  

インパクトで右足かかとが浮くことを直す方法とは?

 

それは、バックスイングの時点からが重要です。

バックスイングは、腰の回転を抑えて行ないます。

ボディーターン主体のスイングをしている方は、自分が思っている以上に腰が回っています。

バックスイングの段階で腰が回れば回るほど、ダウンスイングでも同じく腰が回るのです。

自然に回ってしまう分は構いませんが、できる限り腰の回転を抑えてください。

 

そして、切り返しは腕から行ないます。

腕をしっかり振っていってください。

バックスイングで腰などの体を回していないので軸が安定してます。

ですから、腕の力だけでクラブヘッドを加速していくことは、十分に可能なんです。

 

そして、インパクトが終了した後は、ボールに圧力をかけるために、腰を回しても構いません。

そうすれば、インパクトした後に、ゆっくりとかかとが上がっていきます。

 

まとめ

 

右足かかとが浮かないようにするためには・・・

・バックスイングで腰などの体が回るのを抑える

・切り返しも体から行なわず、腕だけで行なう

・インパクト以降は、かかとをゆっくり上げて体重移動をし、ボールに圧力を加える。

 

絶対にやってはいけないことは・・・

・バックスイングで体を使うボディーターンスイング

・切り返しを腰からおこなう

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - インパクト