ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ドライバーのボール位置が左足かかとは遠すぎる【ゴルフ】

      2016/04/03

Heel

ドライバー(1番ウッド)のボール位置ですが、左足のかかとの線上に置いている方がほとんどだと思います。

ドライバーの極端なスライスはこれが原因かもしれません。

また、ドライバーのスタンスは毎回一緒であるとは限りません。

 

例えば、低いボールを打ちたいときや、ドローボール・フェードボールを打ちたいときで、

スタンス幅も変わってくるかと思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ドライバー(1番ウッド)のボール位置が『左足かかと』と『体の中心』の真ん中は、シャフトがしなる

 

当サイトがおすすめするのは、『左足かかと』と『体の中心』の真ん中です。

その理由は、インパクトでのシャフトの逆しなりを使いやすいからです。

 

クラブヘッドは、スイングの最下点に向けて、ヘッドスピードを上げながら下りてきます。

ボール位置が『左足かかと』と『体の中心』の真ん中にあれば、

加速したクラブヘッドの勢いを利用して、効率よくシャフトを逆しなりさせることができるのです。

 

また、スタンス幅が広くなったとしても、

ドライバー(1番ウッド)のボール位置が『左足かかと』と『体の中心』の真ん中であれば、

ボール位置が体の中心から大きく外れることはありません。

 

スポンサードリンク

ドライバー(1番ウッド)のボール位置が『左足かかと』だと、スライスが直らない

 

ドライバー(1番ウッド)のボール位置が『左足かかと』の場合、体の中心から大きく離れます

 

ということは、フェース面やクラブをコントロールしなければならない時間が長くなります。

結果、グリップがターゲット方向に流れてしまい、フェースが開いたままでインパクトします。

 

アマチュアゴルファーのスライスが直らない原因はここにあります。

 

ドライバー(1番ウッド)のボール位置が『左足かかと』はシャフトの逆しなりが起こりにくい

 

シャフトの逆しなりは、クラブヘッドの最下点の直後が、一番しなります。

このタイミングが一番重要です。

しかし、ドライバー(1番ウッド)のボール位置が『左足かかと』の場合は、

クラブヘッドの最下点を大きく外れていますので、シャフトの逆しなりを使うことができません。

 

まとめ

 

・ドライバー(1番ウッド)のボール位置が『左足かかと』と『体の中心』の真ん中がベスト

・このボール位置であれば、スタンス幅が広くなっても、対応できる。

・左足かかとのドライバーのボール位置は、スライスの原因となる。

・左足かかとのドライバーのボール位置は、スイングの最下点から大きく外れており、

 シャフトの逆しなりを効率よく使えない

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ドライバーが打てない