ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ヘッドの軌道は常に直線】ドライバーも円軌道で振るな/ゴルフスイング

      2016/08/10

golf-881352_640

一般的にゴルフスイングのヘッド軌道は、

ストレートボールを打つ場合はインサイドインと言われています。 

とくにシャフトの長いドライバー(ウッド)は、円軌道で打たなければならないと思っています。

 

 これは、正しいようで正しくないのです。 

 ゴルフスイングは自分の体を中心にクラブを振るので、全体的なスイングは円軌道になります。

しかし、ドライバー(ウッド)だけじゃなく、全てのクラブにおいて、

インパクト周辺だけ直線軌道に近づけないといけません。

 

 考えてみてください。 

例えば、目標の場所にボールを投げようとした場合、

下投げで真っすぐ投げるのと、

横から円軌道でボールを投げるのとでは、どちらが正確に投げれるでしょうか? 

目標に向かって、下投げで真っすぐ投げたほうが正確ですよね。 

 

ゴルフも一緒です。 

クラブヘッドを円軌道でインパクトするのではなく、

直線軌道でインパクトすれば、方向性も飛距離も出せます。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ゴルフクラブは自分の体を中心に回るのに、直線軌道でスイング・インパクトなんて無理。

 

 しかし、ずーっと直線軌道のスイングをしろと、言ってるわけではないのです。 

要するに、インパクト周辺だけを、できる限り直線軌道で振ればいいのです。 

 

スポンサードリンク

直線軌道でスイング・インパクトするための方法とは? 

 

まず、アドレスですが、グリップの位置は体より少し離れます。 

グリップの位置が体に近ければ近いほど、体の回転に引っ張られるため、

どうしてもインサイドにテイクバックしすぎます。 

 

グリップを体より少し離せば、

体は回転運動したとしても、

腕やクラブは飛球線後方にクラブヘッドを真っすぐに上げることができます。 

 

要するに「腕・クラブ」と「体」は別々の動きをしなければならないのです。 

この動きはドライバー(ウッド)だけに限りません。アイアンもパターも同じです。 

 

今まで体の回転でスイングをしていた人には、大変違和感があります。 

 

ショートアイアンであれば、

クラブヘッドをターゲット後方からまっすぐ直線的に下ろしやすいです。 

しかし、ドライバー(ウッド)はシャフトが長いため、どうしても横振りで、円軌道に振ってしまいます。 

 

最初のうちは、ドライバー(ウッド)を体から離してグリップすると、

スイング中に不安定さを感じるかもしれませんが、慣れるしかありません。 

しかし、一度慣れてしまえば、このスイングのメリットに気が付くと思います。 

 

ゴルフの基本アドレス(構え方)はハンドレイト。ハンドファーストはダメ

↑直線軌道で打つために必要なハンドレイトのアドレスを説明しています。

 

メリットその1  18ホール回っても疲れない。 

 

思いっきり体を回し続けるのと、思いっきり腕を動かし続けるのでは、どちらが楽ですかね? 

もちろん、腕の方が楽ですよ。 

とくに、力を使うドライバー(ウッド)の場合は、より楽に振ることができます。

 

メリットその2   インパクト周辺の軌道が直線軌道になり、方向性が出せる 

 

シャフトの長いドライバー(ウッド)は、最初のうちはしっくりこないかもしれません。

しかし、ドライバー(ウッド)ほどOBなどの、大きなミスになりやすいため、方向性が必要です。

ドライバー(ウッド)は、アイアン以上にインパクトを真っすぐにする意識で練習してください。

 

まとめ 

 

・ドライバー(ウッド)もアイアンもパターも、インパクト周辺は直線軌道をイメージしてスイングしてください。 

・グリップを体から離してアドレスすれば、方向性が出せる。(少しハンドレイトぎみになり、右脇は開いている状態) 

 

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - インパクト